上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 Mr.Childrenのチケットは結局、オークションで落札しました。
 定価の5割増のゲットです。しかし、、オークションチケット横行してますねえ。電話やネットを数十回かけても一切繋がらないのには、こういった輩の画策があってのこと。
 結局、最後までオークションで競り合っていたのも、転売目的のオークショナー。ファンが泣きますな、ホント。。

キリシタンカフェ

 さて、今日は「食べ物」ではなく「食べ物屋をプロデュースする会社」の話。ここ最近、テーマ性のあるレストランやカフェを大阪の梅田を中心に次々と出店をしかける会社があります。それが「UG・宇都宮」社です。
 既に、ここのブログで、阪急ナビオ7Fのカレーレストラン「ブルーノ」を紹介しました。濃い青基調のお洒落なカレーレストランで、当店に相応しくない格好の方お断りの一風変わったところ。実はここも、この社のプロデュースです。
 そして、カフェレストランとして異彩を放つは、東通商店街の奥にある「キリシタンカフェ」。キリシタンの協会をカフェ風にアレンジしたコンセプトにて、内装がとにかくお洒落。そして、ムーディ・・・勝山。
 照明ひとつに拘るは、全てにおいて、カップルやコンパの場をプロデュースするようなこの社の「戦略」がよく見えます。
ポテトフライ

 意外に、「落ち着いて話せる場所」が少ない梅田。
 特に東側一帯は、夜ともなれば人混みに溢れ、活気に溢れ。
 歓楽街の騒がしい感じが、一層落ち着きをなくします。
 そんな中「個性ある個室」を中心に、あえてそういう場所をプロデュースしようとする社のコンセプトには賛同。

「京の町に恋おりる」
「恋のしずく」
「だいぶつころころ」
「あほぼん寺」
「りゅうぼん」

 全て、社のプロデュースのお店。
 不覚にも、そういった居心地よろしい店に、足しげく通い詰めてしまう我々で御座いますが、作戦にはまっておりまする。
 ちなみに、料理は意外と美味しいながら、他のバーレストランに比べてかなりリーズナブル。店員も店側のコンセプトに合わせて、サービスも行き届いていて、割と安心して行く事が出来ると思います。
スポンサーサイト
2007.07.08 Sun l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

ベレール


 お昼は何を?。
 私は何、いつもの三点セット。

 ミルクフランス
 カレーパン
 メロンパン

 ミニフランスパンに、甘いクリームをサンドイッチ
 揚げたて感ある、べとつかないカレーパン
 パリっとした生地と、中はふんわりのメロンパン

 いろんなお気に入りがあるかと思いますが、
 私は行き道にある、大和小泉駅前のベーカリーショップ「ベレール」で買出しに。

三点セット


 フライものと、うどんばかりの昼食に飽きるこのごろ、
 パンでも挟まないと、気がすまなくなるのさ。
2007.04.20 Fri l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

kirara


 ちょっと気になる人と二人っきりになりたい方。
 自分の時間に、都会の人混み避けた静かな空間へ行きたい方。
 お洒落で静かなカフェをお求めの方。

 いいトコあります!。
 西梅田の明治安田生命ビルの地下、大阪ガーデンパレス中にある、カフェレストラン「kirara」です。

店外の様子


 週末は、ウエディングパーティの予約目白押しのこのお店。西梅田の静かなビル街に隠れ家的に位置し、東梅田の雑多な喧騒を掻き消す、実にお洒落で静かな空間が待っています。

 特に、目の前一面に流るる、静かな「滝」。水の音が心地よく。
 夏場は、ここらへんは気温三度は違います。まさに憩いの場。
 梅田で落ち着いた場所を求めるなら、やはり西梅田でしょう。ここらへんは、梅田の喧騒が一切ない、不思議な空間があるのです。

テラス


 ウッドデッキのテラスは、予約がなければカフェとして楽しめます。
 予約をすれば、パーティ会場として貸切可能。ウエディング、歓送迎会にと、多種多彩のイベントが楽しめます。実のところ、ここがオープンしたてから知っていたのですが、自分が「幹事」になったら、いつかは使ってやろうと画策したり。そんなスポットを今宵御紹介致しました。

気になるお味は?


 して、気になるその「お味」と言えば――。

 スイーツは、なかなかいけます。
 お酒の種類、特にワインが豊富。ワインバーとして、優雅な自適空間を味わえるかも。梅田の手狭な駅前カフェに比べると、断然に居心地よく羽を伸ばせる自分になれると思います。

 お試しあそばせ。
2007.04.17 Tue l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
桜が咲いてしまいました。

 最寄駅の桜が咲いてしまいました。
 と、いっても、ここの桜は一ヶ月程早く咲く桜みたいで、しかしながら例年よりは早いとのこと。きっと、卒業式に桜満開で、入学式には散ってしまうのか、桜は。それくらい、今日は異常なほどポカポカ、小春日和でした。

 明日は、朝から嵐だそうです。

【お気に度数】★★★★☆ 4.5p

チェディルアン

 小春日和な本日、北堀江界隈を散策していたところ、麗しきタイ料理の店を発見。実のところタイ料理は未だ遭遇しておらず、よき機会と思い、立ち寄ってみました。地下鉄西大橋駅より、二つブロック下った、住宅街にあるタイレストラン&カフェ「チェディルアン」です。

 Hanakoで昨年タイ料理No.1を獲得していた実力店だとか。
 店内はお香の良き香りと、アジアンな置物が随所に小奇麗に並び、開放感溢れる良き空間。堀江は意外とこのような「お洒落空間」が多数存在し、穴場です。
トムヤムクン

 タイ料理といえば!。欠かせないのがトムヤムクン。トム=スープ、ヤン=酸っぱ辛い、クン=海老という意味で、つまり、「酸っぱくて辛い海老のスープ」がトムヤムクンです。実は初めてでしたが、辛いのと酸っぱいのがいい感じで織り交ざり、実はとても豊潤で病みつきになりそうな味。これはいただけました。

ランチセット

 トムヤムクンの味に名残惜しつつ、来ました!。豪華なランチセット。これで1900円(トムヤムクン、デザート付)。タイカレーは甘口のインドカレーに似て否なる、意外といける味。タイ米と絡めば美味さ倍増。プリップリの海老ちゃんと、オリジナルのチリソースで合えた副皿と、揚げ物、全て満足いく内容。店内の演出も合間って、なかなか贅沢なランチをお試しあそばされます。

デザート

 デザートは、ココナッツミルクと、カラフルなタピオカ入りデザートをどうぞ。カラフルなタピオカは食感よし、見た目よし。いろいろ楽しめるもの。カフェならこれだけ目当てでもいけそうです。

タヌキ?

 いずれにしても、こんないい日にブラリと、北堀江に出歩かなければ、この店も、理髪店のヘンテコタヌキにも出会えなかったことでしょう。晴天を誉めるべきですね。しかしながら、今日は一気に花粉症がリミット越えました。アレルギー鼻炎な私には、残酷な季節が近づいております。
2007.03.04 Sun l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】????
MARVECK


 今年も一年間、食い意地張ったマジシャンのりっくの、美食ブログをご愛読いただき、ありがとうございました。
 今年一年間の締めくくりに、出し惜しみしていたネタを公開です。

 さて、そのお店があるのは「箕面」。

 しかも、阪急箕面駅から、メインストリートを離れて、住宅道路へ。手前は団地。奥は行き止まり。知らずにいれば、一生コンタクトすることもないであろう場所に、ベーカリーショップ「MARVECK」さん。

 ここの名物は何といっても、食パン。
食パン1

食パン2

 なんだか、アルプスの少女ハイジに出てきそうな、ふっくら食パンです。これが。。。な、なんと!!、予約一年待ちの食パンなのです。つまり、今日予約したら、来年の大晦日まで手に入らない美食なのです。
 だから、ジモピーも滅多にありつけないという一品。

 だから、私も予約しましたよ。
 キャンセル待ちで、来年の8/12に電話確認してくださいとのこと。キャンセル待ちなので、手に入らないかもしれないけれど、結果が出るのは来年夏の盆前です。かなり気が遠くなる話。

 数年前までは気軽に手に入ったのが、口コミが爆発的な支持を生んでこの事態に。少しずつは落ち着きはきてるとおもうけど、一度美食を知ってしまった人はリピーターとなり、新規顧客を囲い込んで、なかなかお目にかかれない一品とあいなりました。
 なので、口にもしてないので、評価できません。
 多分、来年、いずこかのタイミングで手に入れることが出来たら、またレビューします。食パンで8ケ月待ちとは・・・。

 さて、皆さんは今年一年間いかがお過ごしでしたか?。
 今年は私は友人に恵まれた一年でした。
 そして、マジックバー「TRICK」の出会いでまた、マジックの世界がぐっと広がろうとしています。万国コミュニケーションツールであるマジックが何処まで極まれるか、楽しみー。

 ちなみに、昨日は友人の美容室で、忘年会御呼ばれしました。
 深夜1時の帳の中、リクエストに答えて、のりっくショー。
 マジックを一度も見たことのない御姉様達は一同に仰天してました。
 こういう、人を驚きの境地へご案内仕るのが、楽しいのですね。

 さて、今年はおそば食べて、お風呂でいっぷくして、紅白でもみよかな。皆様、よきお年を。そして来年もよろしくお願いします(^o^)/
2006.12.31 Sun l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

楽々荘入り口


 保津川下りの起点、京都府亀岡市に、「楽々荘」という邸宅があります。ここは、もともと明治・大正に貴族員議員として大活躍した田中源太郎氏の邸宅でしたが、その後、見事な庭園を見ながら、和食やイタリアンが楽しめる料理旅館としてオープンしました。

楽々荘庭園


 楽々荘の広大な日本庭園、煉瓦造りの洋館、豪華な書院造の和館は、国の有形重要文化財に指定されています。勿論、ここでは和風のガーデンウエディングも行われていますが、年間40組程度。主曰く、あまり触れ込みしていないため、口コミで知った人でしか、挙式しないというほどの「穴場」。

洋館


 なんと、その文化財に指定されている洋館の一室で、贅沢にもお茶することができたのでした。

洋館の中

 洋館の中は、気品漂うなつかしの空間。

登録証

 重要有形記念物の登録プレート。

文化財カフェ

 普段は、ここではカフェ出来ないのでしょうが、時間が良ければ、こんな重要文化財の一室をまるまる借り切って、優雅にティータイムなぞ楽しむことが出来るのです。ちなみに、ケーキセットは1000円以下。なかなか亀岡まで足を運ぶには、一苦労ですが、保津川下りとセットで、保津川を下る前に一度、足を運ぶと、あの日あの時、あの浪漫が蘇るのであります。
2006.11.28 Tue l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。