上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 個人的には、京都と大阪によく出没します。
 京都は本社があるところで、大阪は地元。奈良にも和歌山にもとにかく出没しますが、どういうわけか、神戸は一年程ご無沙汰状態。
 ところが、ここ一ヶ月、神戸方面に向かい遊びに行くことが多く、気がつけば、神戸の写真(照片)が沢山たまっていました。

 で、久しぶり記事の本日は、神戸の写真を幾つか御紹介。

風見鶏の館

 神戸は、三宮、元町、神戸を基点に、六甲山方面の山側と、神戸港方面の海側で違った側面を見せます。非常に風光明媚なところ。三宮を出て、北野坂の割に険しい坂を登ること20分程で、北野異人館街が姿を現します。急な坂道に軒を連ねるように並ぶ色とりどりの洋館。特に有名なのが、かなり昔にNHK朝のTV連続小説「風見鶏」の舞台になった、旧トーマス邸の「風見鶏の館」。
 トーマス邸は2階建ての洋館で、それはそれは基調な調度品が沢山展示されています。屋根上にある風見鶏がとても有名。
うろこの館

 山手へ坂道を汗水垂らして更に上ると、オランダ坂の終点に「うろこの館」があります。ここは、ウロコのようなユニークな外壁の洋館と、左横に小さな美術館とで構成される可愛らしい洋館。
 この辺りは有名で、週末となればかなりの観光客で込み合いますが、洋館毎に入館料がかかり、割高。多分全館見て廻ると一万円以上するんじゃないかな、と思うので、行きたい洋館に絞って行くが良し。

六甲ガーデンパレス

 続いて、山の手へ、六甲山には車で入ってみました。
 山頂には、六甲山牧場、オルゴール館、六甲山カンツリー場など一日あっても廻り切れないほどのお楽しみポイントありますが、やはり、六甲山から見る神戸の風景・夜景が見物。「六甲ガーデンパレス」からは、芦屋、六甲アイランド方面の風景が一望出来ます。しかし、神戸の夜景が見たい!という欲張りな貴方のために、更なる絶景ポイントがあります。

摩耶山 「掬星台」

 摩耶山 「掬星台」からの夜景は、日本三大夜景のひとつの讃えられ、夏の夕暮れ~夜にかけ、数多くのカップル達がやってきます。神戸からはバスで摩耶山に登るロープウエイに乗って上ります。ロープウエイを出ると、数年前に出来た「星の小径」がお出迎え。蓄光石が埋め込まれ、ブラックライトに当たって青白く天の川がほんわりと浮かび幻想的。残念ながらこの日はそれ程遅くまでいれなかったので、そんなり綺麗には見れませんでしたが、夕暮れ~夜に遷り行く神戸の百万ドルの夜景に出会いました。

 それでは、束の間の夜景を、お楽しみください。
夜景

夜景


 神戸からハーバーランド方面(港)へ向かいますと、ポートタワーや大観覧車など、海に写り込む違った夜景に出会うことが出来ます。モザイクの海の見えるテラスで晩御飯は、乙では御座いませんか。

 では、ハーバーランドの夜景を、しばしお楽しみください。
ポートタワー

神戸港大灯台と、大観覧車


 欲張りな方には、神戸は山の景色、海の景色、ワンセットでお楽しみ戴けます!。改めて神戸には、うまいもの屋の開拓の余地を感じさせる数日間の神戸の旅で御座いました。

 さて。。。緊急予告!

 近日、日本の秘境の世界へ御案内を。
 というのも、今週、なんとか遅い夏休みを頂き、写真旅行へ行くことに相成りました。何処へ行こうか迷いましたが、有名なホテルでも、旅館でもない、・・・陸の孤島、隔離された静寂、逃げることは出来ない・・・「秘境の一軒宿」に、ご招待いたします。
スポンサーサイト
2007.09.16 Sun l 日本照片 l COM(0) TB(1) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。