上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★(3.0P)
巻物を取りに行く

 古畑任三郎です。
 天神橋筋六丁目(天六)に、忍者屋敷があるそうだ。
 そこで巻物を取りにいくそうな。
 古畑任三郎でした。

巻物

 「巻物」なるお店がありました。天六から歩いて10分程。意外に珍しい手巻き寿司(セルフ)専門店でした。
手巻きセット

 手巻きは食べ放題。
 オケに酢飯。具材はセルフオーダー式。
 手巻き用に小刻んだ刺身に玉子に、野菜類。
 まき方は自由。縦に横に巻いて口に頬張るは、ナツカシの手巻きパーティそのもので御座います。

手巻き

 手巻き寿司屋とは、これまたカジュアル。
 そんなに「仕事」のいらないシステマチックなお店。
 実は、難波にも梅田にも「手巻き屋」はあまりないんですよね。
 ちょっとした食べ放題屋には、子供の頃の手巻きパーティを思い出す、何処かよろしい感じで御座いましたなあ。

 古畑任三郎です。
 忍者屋敷は手巻き屋でした。
 風呂入ったら忍者風呂でした。
 ふろはいったらにんじゃぶろでした。
 ふろはたらにんじゃぶろでした。
 ふろはたにんじゃぶろうでした。
 ふるはたにんじゃぶろうでした。
 古畑任三郎でした。

 あー、ではまた。
スポンサーサイト
2007.09.02 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】★★★★(4.0P)

金の穂・銀の水


 やったー、遂に大型連休☆。
 私的には、様々なイベントを抱えて突入した黄金週間。
 この四月、ブログもロクに更新できぬほどクソ忙しい毎日を乗り越え、山積みの仕事は休み明けに先送りして、待ちに待った日々でございます。

 さて、先日の高槻での飲み会の折、帰りに「必ず」立ち寄るは、「金の穂銀の水」という、京風の出汁茶漬けのお店。

店内の様子


 阪急高槻と、JR高槻に続く細い商店の路地の続く中にそのお店はあります。その前は廻さない寿司屋だったのが、お茶漬けの店に変わっていたのを見つけたは、今から一年前。それ以来、高槻=お茶漬けになってしまったほど、よく行くお店になってしまい。。
 店内は、10名ほどしか入れないカウンターのみのお店。
 しかし、そのお茶漬けのメニューはメチャ豊富。

鯛のダシ茶漬け


 鯛のだし茶漬けのみを注文。
 しかし、主人は気さくにおもてなし。
 これでいて400円は安いっ。ご飯は少しかためでも、こんぶダシと絡まれば美味さ倍増。何より、お手軽なお茶漬けが、このリーズナブルな値段でサクッといただけるのが、よろし。

なんと、なんばParksに。


 で、この記事はここだけで留まりませぬ。

 高槻にワザワザお茶漬け食べには・・・と。確かに、高槻という場所は京都と大阪の中間には位置しながら、意外と行く機会のない場所。しかし、ご安心の程。この程拡張された、なんばParksの6階のレストラン街にも、このお店、出店していました。

 で、勿論食べ歩いてまいりましたよ。

三種茶漬け

 海鮮物のお茶漬けから、選り取り1品。
 肉のお茶漬けの変り種から、選り取り1品。
 あっさり目のお茶漬けから、選り取り1品。
 小鉢がついて、1200円。

 さて、これが高いと取るか、安いと取るか。
 たかが茶漬け、されど茶漬け。
 私は予感していた!。大阪にもお茶漬けのムーブメントは必ずやってくるっと!。そんなごはん党の私が、小腹が空いた時にはオススメのお店を紹介してしまいましたとさ。
2007.04.29 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】★★★(3.0P)

 焼肉の街、鶴橋

 焼肉の街、鶴橋。
 そこは、近鉄線を降りると既に焼肉の匂漂う処。
 細い路地に、在日コリアン系の焼肉店が数珠繋ぎで並んで、
 呼び込みが激しい活気のあるところです。

肉、にく、niku

 ショーウインドーに並ぶ、肉、ニク、Niku。
 ニクニクしい程食欲そそるニクの共演。
 キンニク、ニクニク、ニクじゅうはち。

今日はここに焼肉る。

 今日は、ここ「牛一」で肉を頬張ることにしました。お決まりの「魔法のレストラン」の写真と、色紙もデカデカと飾られております。

ニクの共演

 もー、これはお肉のIT革命やー。
お肉の三重奏

 もー、これはお肉の文明開化やー。

 「鶴一」でも「牛一」でも「●●」でも、にくいほどニクはいい。
 肉は美味いが、単価は高い。
 三名で、約三万。つまり、一人一万円程。ひゃー。
 というわけで、今日はちょっと節約しようと思うのりっくです。

 ちなみに、鶴橋はコリアンタウンで有名でキムチは絶品。
 焼肉は韓国式が多く、在日韓国人の方が営業されています。
 タレは、甘辛タレがベース。これに馴染めない方もいるかも。

 どのお店も、八千円~一万円以上の予算で挑みませう。
2007.04.21 Sat l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】★★★(3.0P)

お食事処しみず

 このブログでも何度となく登場した難波・千日前付近の食事。
 洋食、たこ焼き、うなぎにラーメン・・・そんなジャンルとは無縁の、しかも、ココまで来て、大衆食堂かよと、ツッコミを入れたくなる貴方!。ちょいと「通」ではありませんなあ。

 本日御紹介の千日前にある「お食事処しみず」は、そこいらの大衆食堂ではなく、・・・まあ、普通の大衆食堂ですが、難波の吉本新喜劇に登場する「花月食堂」のモデルとなったお店です。

店内の様子

 店内は至ってフツーの食堂。
 しかし、ここを切盛りするおばちゃん達がディープ。
 初心者でも、「何すんのー」「ここ座ってちょうだい」とオカンみたいな接し方で。暖簾を潜れば一気に親近感が湧く空間がそこに。

好きなモノをチョイス

 ご飯は至ってフツー。
 一品は、フリーチョイスで、セルフワーキング(・・・マジック用語出た)。温めなおしてくれます。フライものが少ないのが特徴。和風の家庭料理が堪能できます。おつくりはオススメ。

フツーのばんごはん

 これぞ、まさしく、フツーの晩御飯。
 お吸い物として、「玉吸」を注文しよう!!
 これは、フツーながら、妙に感動覚える美味さ。これでご飯が一気に進みます。

 また、この店では「中華そば」が出ます。
 この「中華そば」、何の変哲もないただの中華そばですが、名物なのです。フツーながら、吉本の芸人達がこよなく愛するラーメンにて、カップ麺にもなって発売されました。

 浪花友あれ・・・何はともあれ、フツーの大阪の大衆の匂いがプンプンするこのお店にて、フツーの晩御飯を頂くのも「通」ではないかと。
2007.03.31 Sat l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
春だ一番!喰らいモン祭り!第一弾(全四弾)

【お気に度数】★★★☆ 3.5p

じねん

 後輩の友人筋からの情報で行ってみる事に。
 長堀通を長堀橋方向に向かって入っていったところ。
 ここに、お寿司と活魚料理「じねん」があります。

 「じねん」はここの界隈に三店舗出店していますが、今日は「本店」に行ってみることに。

一番人気・紅とろ

 私のところのローカルルール。
 奢りの単位に、「1スッシー」「2スッシー」という単位が。
 1スッシーは、お寿司屋さん1回分で、廻るスッシーと廻らないスッシーの単位が。なんのこっちゃ、よう解りませんが、廻らないスッシーは、回転寿司ではない、板前さんが握るお寿司。廻らないスッシーは俄然高くつくのですが、意外とこのお店はリーズナブル。二人で食べて飲んで、一人3000円~4000円でした。
 最近は、廻るスッシーでも、高級志向で、一皿150円~500円のお店もありますが、同等の値段で、こちらは活魚料理と、様々な一品料理のバリエーションが選べます。

 特に「紅とろ」がオススメ。
 「紅とろ」は、マグロではありません。サーモンです。
 サーモンを、ブースターで表面を炙った、サーモンハラスとは行かないまでも食感が生と、炙りの二層を堪能できます。これもリーズナブルな値段でお口に入ってまいります。

お寿司には赤だしがつき物

 お寿司になくてはならないのが、赤だし。
 私はalwaysあさりの赤だし。肴のアラてのもあります。
 茶碗蒸しもあれば、是非に是非に。

さて、残りはこんな感じ

 お寿司はまとめて注文すると、大きな寿司用まな板?に、盛り付けて持ってきてくれます。これが、お寿司屋さんの醍醐味ですよ。「将太の寿司」にも登場した「最も食べやすいシャリの形」にもなっていて、オクチの中で溶け合います。

 どうですか?。
 今晩あたり、1スッシーしときますか。
2007.03.30 Fri l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

寸菜大福

 昨今、玉子かけご飯がブームに。

 調べてみたところ、和歌山の醤油メーカーが玉子かけご飯専用の醤油を発売したところ、これがウケて火がつき、島根では玉子かけご飯に関するシンポジウムが開かれるなど、ちょっとした話題となっているのです。
 シンプルであるからこそ美味い。昨年、うどんを食べに香川に行って、再び釜玉うどんと会ってきましたが、ここでの釜玉専用のだし醤油は、同炭酸化物のごはんにもあうだろうと玉子かけごはん試したところ、これがベストマッチ。以来、ごはんのお供に玉子は欠かせません。

黄金!


 見よ!、この黄金!。
 主人が選びし極上玉子と、秘伝?醤油と釜で炊き上げた銀シャリに絡み合えば、シンプルながら奥深い質素な玉子かけごはんの出来上がり。玉子かけご飯に出会える店は、難波、新歌舞伎座のすぐ近く、御堂筋沿いにある「寸菜大福」です。

店内


 この店は、私が開店当時より知っていた「秘密」のお店でしたが、今回御紹介したいなと思います。店内は手狭ながら、空間はよき感じ。カウンターと掘りごたつのテーブル。アットホームな感じが良い。
 ご飯は、釜で炊き上げる銀シャリ。一夜干しの肴と野菜を炭火で焼き上げて、日本酒を頂く、という実に解りやすいコンセプト。

 こんな日本の根っこを感じれる場所で、厳選された玉子で出来る玉子かけご飯がここの名物になっていて、実に客の90%のオーダーがそれらしいです。

玉子かけごはんセット


 一人でも大丈夫。
 一合釜で丁寧に炊いていただき、待つこと数十分。
 玉子と、味噌汁と、出汁醤油と、ついて1000円以内。
 この贅沢を高いと取るか、安いと取るか、お任せましす。

しゃもじついてきます。


 さて、この店ではご飯を注文すると、シリアルNo.入りミニしゃもじがついてきます。これを10個集めると、2000円相当のお食事券に変わります。是非常連さんになれあそばしあれ!
2007.03.18 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

ゲコ亭


 堺、阪堺電車・寺地町駅の南に一区画下りたところに、一風寂れた小屋のような建物が建っています。ここが、堺でも有名な銀シャリ屋さん「ゲコ亭」です。

 歴史は古く、親が若かりし頃、中心部に仕事に行った際、昼食に通ったという頃からあり、宿院のそば屋「ちく満」と並んで、堺の二大思い出名店です。
 ところで、ゲコ亭は、昔からある大衆食堂です。
 銀シャリと呼ばれる程、ごはんには拘りがあり、夏場の衛生面に気を使う期間は、夏場はごはんの味が落ちるという店主の拘りで三ヶ月以上も休んでしまいます。更に、ごはんが売り切れたら終了ということもあってか、午後一時過ぎで早くも閉店してしまいます。

おそうざい一覧


 おそうざいは、フリーチョイス。
 ちょっと味の濃いものばかりで、ごはんに比べれば左程見張るものはないですが、大衆食堂ということで、お好きなものをどうぞ。ちなみに、家庭の味が多く、肉じゃがや、おひたしなど、意外にバランスの良い献立を組み立てることが出来ます。
 ごはんは、大きなおひつに代わる代わる炊いて持ってこられ、盛り切りで100円の安さ。一方、惣菜は角皿で400円もするので、ごはん中心に組み立てると安くおいしく食べられます。

ごはんです


 切盛りする店員さんは、全ておばさん、おばあさん。
 堺商人のチャキチャキした張り切りで、店内を走り回っています。
 友人からメールが届いて、ご飯食べながらメールしていると、
「あんた、そんなことしてたら、飯さめるやないの!」
 と、一喝されました。

 流石は、堺の商人おばさん、回転率も気にするのね。。
2007.02.03 Sat l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

つついの焼肉


 かなりローカルなお話。
 筒井という駅の高架下すぐのところに、地元では知る人ぞ知る焼肉店「筒井ホルモン」があります。

 焼肉ならおいちゃんに任せな、といういなせな主人が切盛りし、この一帯の会社の接待に、お疲れさん会に、愚痴こぼしの会によく使われます。
 ここ最近、下請のつらい立場に苛まれた中、何とか元気つけようと、焼肉でがっつり食べに行ったのでした。

肉の感じ


 オーソドックスなタレ付け焼肉。
 しかし、割と美味しいというか、自分では好みの味です。
 ただ、焼きに使うのは七輪ではなく、鉄板。
 焼きすぎると直ぐ焦げ付いてしまうのですが。。

焼き上げ


 こんな感じで焼いております。
 何故、ここのお料理を御紹介したか!。意外に自分の通う道にあるお店には、記憶にないほど寄っているのですが、慣れ親しんでしまっているため、紹介しようと思っても候補に挙がってなかったり。
 しかし、この付近のことで御紹介しようと思い立ち、そういえばこの店を紹介してなかったなと。。本日ようやく書いてみました。

 美味しそうだと思った方、是非お店をお探しあれ。
 奈良県の真ん中より、ちょっと北側らへんです。
2007.01.28 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p
ドリカムツリー

 大阪に寄った際、HEPで見事なツリーを発見しました。
 最先端の青色LEDをふんだんに使ったブルーのクリスマスツリー。
 時間にあわせ、白色と青色が交互に入れ替わり、幻想的。

ドリカム看板

 なんでも、12月中旬、HEPにドリカムが来るらしく、そのイベントの告知を兼ねたツリーみたい。HEP側にも赤色のツリーがあって、天王寺に負けじと煌々と照らしておりました。

 さて、今日は久しぶりに「鯛茶漬けの皆美」へ。
鯛めし 皆美

 前回紹介した通り、ここは、老舗旅館の名代「鯛茶漬け」が堪能できます。そして、阪急グランドビル28階から見下ろす夜景!!
夜景

 バーも、フレンチもお洒落だけど、通は、なんとお茶漬けを食べながら、この夜景を独り占めするのです。このアンバランス加減が、またいとおかしじゃありませんか。
鯛茶漬け

 ここ、おひつごはんと、茶漬け用のだしのおかわり自由。
 つまり、意外と大盛り派な貴方でも満足できるのです。鯛のそぼろ身は少し物足りない気がしますが、デザートもついて、2000円以内で、夜景が楽しめて、あっさりとお茶漬けがいただけます。

 デートコースで、「意外でポイントな場所」お探しの方、オススメします。後は、HEPの観覧車でも、何処で行って、好きにやってくれい!
2006.11.21 Tue l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

まいどおおきに食堂


 食堂のベンチャー企業Fujio Food Systemが展開する「まいどおおきに食堂」が、会社のすぐ近くに誕生しました。
 とはいえ、このチェーン店、全国津々浦々、実に400軒も展開しているので、この系列の店は少なくとも10軒以上は知っているのですが、何が嬉しいかというと、深夜10時、仕事が終わって帰るときに、一品料理を多数取り扱う、こんな店が帰り道に出来たというのが、なんかいいのです。

一品は沢山。


 小鉢に、肉じゃが、刺身、天ぷら、とんかつと、バリエーションは多彩。卵焼きはその場で焼いてくれる、実に効率的でコンパクトな食堂。

かまどごはん


 特に、ここはごはんが何故かうまい。
 と、思ったら、店頭でかまどごはんを炊いていました。

ついつい、とりすぎ。


 ついつい、おかずを取りすぎて。。。
 おかずは、普通の味ですが、日頃、店屋物ばかりの味気ない食生活が少しはおふくろさんよ~♪な味になることでしょう。

 ところで。。。
 私は実家から、通っています。
 はて、何故家でご飯を食べないのだろう。。
 それは・・・一人暮らしのクセで、つい外食してしまうのです。
2006.11.07 Tue l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。