上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★☆(3.5点)
北極星

 道頓堀の西、三ツ寺筋のひとつ南に下ったところ、一風料亭風の佇まいのお店が御座います。ここが、オムライスの「北極星」本店です。
 ここは、「オムライス」日本発祥のお店。
 チェーン店が、南港や天王寺や、百貨店などに進出していますが、本店はここにあります。大正時代からの佇まいの店内は、洋食店・・・とは程遠い、中庭付の超・日本の部屋。

店内の様子

 ここでのオムライスは、ナツカシのチキンライスに、薄玉子焼に包まれた感じの家で作ってもらったものに近い味でした。決して、これは!という感じではないのですが、店内の感じから、ちょいと、昔の時間へたいむすりっぷできますかも。
北極星のオムライス


 ところで、今日、日本では6年半振りの皆既月食となりました。
 日食と違って発生頻度の高い月食ですが、久しぶりとあって、難波から上空を仰ぎました。残念ながら「雨」という予報で諦めていたのですが・・・なんと!、9時前に一旦雲が切れ、そこから月食戻りのお月様がこんばんはしました!。

 猫も大満足!!
月食とネコの図


 でも、すぐ飽きてゴロゴロ。
ゴロゴロ

スポンサーサイト
2007.08.29 Wed l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】★★★☆(3.5点)
aria blu OSAKA


 時代は「サロンすたいる」なのだよ。
 難波は、えべっさんの顔がどーんと描かれた、道頓堀極楽商店街の1F真下。そこには、コテコテの大阪の雑多な賑わいとは、真反対の水を打ったように静かな個室空間が広がっていました。

 「aria blu OSAKA」でございます。

 ロビー


 ロビーは静かな佇まい。ここだけちょっと空気が違う感じがします。ここには、大小さまざまな個性的でお洒落な個室が20もあり、カラオケも有。特にカラオケでなくても、間接照明がムーディ勝山なこの個室たちを料理するのは色々。

 コンパも良し。
 結婚式の二次会も良し。

 お風呂のある部屋もあり、怪しい部屋もあり。

教会風の部屋

小規模な部屋


 こちら、ご飯は創作洋食。
 若干高めの値段設定ですが、「2000円」の暁コースが新設され、飲み代別、ルームチャージ込みで結構使えます。創作洋食は、個室の独特の照明によって、いい感じに彩られます。
 難波に、こういった個室空間はそうないので、使い方によっては、いろいろ楽しめると思いますねー。
前菜

2007.08.28 Tue l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
マルヨシ

 天王寺の阪堺線側の歩道橋を降りていって、阿倍野側に歩く訳ですよ。
 そしたら、古い年季の入った路地があって、そこを行くわけですよ。
 更にそこからまた細い路地に続く訳ですよ。

 「マルヨシ」て看板が見つかりましたよ。
 古い路地にある古い洋食屋。
 そこのハヤシライスが絶品なんです。

名残惜しゅうございます。


 一枚板のテーブル。
 開店当時からある巨大な鏡。
 コックさんと店主。
 リフト
 メニューボード。

 まさしく、これぞ「絵に描いたような」下町洋食屋。
 これが、今年で見納めになります。

 再開発事業で、立ち退きを余儀なくされ、長く続いてきたこの場を離れ、新店舗で営業されるそうです。
 しかし、この懐かしい「彩り」は、二度と生まれませんよ。
 残念なことです。

特製ハヤシライス


 特製ハヤシライスです。
 何度食べたことか。
 その目で、しかと、焼き付けておきましょう。
2007.06.18 Mon l 【たべもの】洋の美食 l COM(2) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

中村屋のコロッケ

 日本一長い天神橋筋商店街。
 地下鉄南森町降りて、すぐのところに、コロッケの老舗があります。
 「中村屋」の名物コロッケ。
どんどん揚げます

 店奥の工場で作られたコロッケを、店頭のフライヤーでガンガン揚げて、飛ぶように売れていく「中村屋」コロッケ。今日も長蛇の列が出来る中、お客さんは、一人何と20個も、30個も半端じゃないほどの数のコロッケを買って行きます。
 だから、揚げる主も必死。
 ここに紛れてうちも、8個ほど注文。うち、ひとつはその場で食べるといいました。

揚げたてコロッケ

 揚げたてコロッケを一口頬張る。
 まず、激熱で舌が火傷しそうになるほど。しかし、ほんのり甘い昔ながらのコロッケの味が。外のパリサク感が絶妙。これで60円。大阪天満宮へお参りする時、これでもつまみながら、商店街をぶらり歩くもいとおかしな、ことではないではござりませぬか。

コイバースデー

 買ったコロッケは、その後、バートリックに持ち運んで、マジシャン水沢克也君はじめ、愉快なトリックマジシャン達と食べました。
 そういえば、今日は先月からか、チーフに昇格した、ピュアな汚れなきマジシャン?コイちゃんのバースディでもありましたか。オール新ネタ、ちょいキビシメののりっくの視線と、オーナーロミオ氏と、オープニングでグダついた空気の中、何とか演じきりました。エライ。

 そういえば、コイちゃん、このバースディの前に、スナフキンマジシャン、上峠君原作、脚本、演出のドッキリにまんまと引っかかって、お涙したピュアないい奴です。
 マジシャン水沢君が内輪モメに本気でキレて、コイちゃんに詰め寄るという笑えないような状況下、何と「ドッキリ」のプラカードを下げて、出てきてバースディを祝ったという経緯。泣くのもまー、しゃーないわな。

 そんな、悪戯も程が過ぎるところもありましょうが、相変わらず愉快な連中が巣食うバーであります。今度「気になるオセロ」という在阪のローカル番組に、16秒間くらい宣伝されるそうです。

 ちなみに、トリックのイベントとして、
 4/28夜 ロミオ・ロドリゲス・Jrの新作マジックショー
 4/29昼 バートリックのサークル開催
です。
2007.04.22 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
春だ一番!喰らいモン祭り!Final!!

【お気に度数】★★★☆ 3.5p
サンプーペ


 うちの会社の食堂に、とあるイタリアン料理店が出店してます。
 昔は、ピザに、パスタに、グラタンからドリアに至るまで数多くの洋食が振舞われ、なんとソフトドリンク飲み放題の大判振る舞いだった時代もあったのですが。。。
 オーブンが壊れて今は、パスタは何とか生き残っていますが、数ヶ月に一度のレアメニューとなったピザと、フライものが続くセット料理とバリエーションが薄くなり、ここにもコスト削減の嵐が。。。

 そんな、馴染みの食堂のイメージを抱えながら、今回お邪魔したのは、奈良は大和郡山にある街のイタリア料理店「サンプーペ」。
 およそ、こんなローカルな裏話など知るはずないでしょうが、うちらの世界では「ひろし」と呼ばれる名物店主が居ます。シェフとしての腕前は確からしいながら、何処となく誇張した感じ。店は最近改装したんですよ、と、何やらいぶかしげな感じで食堂を切盛りする様子から、凡そイメージすら湧かず、、、行ってみるのでした。
店の概観

 近鉄郡山駅から、JRに向かって細い路地を歩む。
 住宅街、やけに交通量の多いところをすり抜けて、こんなところにイタリア料理店なぞあるのか・・・と、こりゃ度肝抜かされましたな。いつもの食堂とは違う、なんとも可愛らしい綺麗なお店じゃあーりませんか。もともと郡山にある名物の料理店。しかし「ひろし」拘りのお店とあって、きちんと執事もいて、テーブルメイキングもバッチリ。しかし高飛車な料理店ではなく、子供達も楽しめるよう、土曜日の夜には「マジックショー」も開催される、気さくなレストランでござい。

二台の本格石釜オーブン

 この店の特徴は、何と言っても、客席から見える二台のレンガ造りの石釜オーブン。そこに娘さんと二人で腕を振るい、ピザ生地を廻しています。客と厨房が隔たりなく素通しであることもいい感じ。石釜は本格的で、そこでピザを焼いたり、肉をソテーしたり。

パスタ

マルゲリータ

 特に、ここではコースは選ばず、ピザ数種類とパスタを注文。
 お店の雰囲気はかなり良かったので、料理の方も・・・と行きたかったのですが、ピザが事の外クリスピーな感じでないのが残念。ピザは薄焼きであるので、サクっとした食感が楽しめませんが、まずまずの美味しさ。パスタも良いです。店内の雰囲気が良いので、料理にもうひとつのアクセントがあれば、★は伸びそう。

 この料理が、370円の昼食に出たら。。
 毎日の仕事が楽しくなるかな。
 今は、連日土曜日出勤の、耐久レースの真っ只中。
2007.04.08 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p
エテルナ


 焼肉バイキングに飽きたら、一風変わったブラジル風「B★B★Q」はイカガ?。本場ブラジル人のシェフが勤めるブラジル風バーベキュー「シュラスコ」を豪快に戴ける店が、心斎橋の「EternA(エテルナ)」です。

ブラジルの音楽(今日はお休み)


 金曜日と土曜日は、ボサノヴァや、サンバなど店内にある小さなステージから生演奏してくれる南米の陽気な店内の感じがよろし。店内は夜はキャンドルライトと間接照明のみの少しムーディな空間で、店外にテラスもあり、いろいろとお店の使い方がありそう。

バーベキュー


 さて、ここのお食事は基本はシュラスコ料理を中心とした食べ放題のコース。店内中央にサラダバーとカレーバーがあります。サラダは色とりどりの野菜と、果物。カレーは複数種ありますが、ここではシュラスコ中心に行きましょう。ここでお腹が膨れるとお肉が食べられなくなるかもです。

シュラスコです

 さて、いよいよシュラスコ料理登場。
 巨大な串に、牛、豚、鶏肉を豪快に刺して、特製のロースターで一気加熱。串刺しにされたままブラジル人のコックが持ってきて、その場で裁いてもらえます。それまた豪快!!

お手伝いしましょ

 シュラスコの醍醐味は、やはり、お肉を目の前で裁く豪快さ。コックが裁いたお肉を、お客がしっかりとハサミで受け取ります。食べ放題ですから、次から次へと肉が用意されてきて、お腹が許すまで、思う存分お肉を戴きましょう。

 焼肉食べ放題では味わえぬ、五感で楽しめる陽気なブラジル料理のお店でございました。
2007.03.11 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★ 3.0p

ペッパーランチ


 カロリー計算をした結果、ステーキ定食というのはとても手を出せそうになく、また価格も高いとあってなかなか手を出せそうにないのですが、千円以内で(自称)霜降ステーキ定食が食べられるお店があります。
 全国チェーン店で最近名を聞くようになった「ペッパーランチ」。
 ここでは、店名の由来になっているペッパーライスなるものがあり、文字通り、アツアツに熱した鉄板の上に、ペッパーライスと、細切れの肉を絡ませてジュージュー言わせて食べるメニューがあります。これはこれで、そこそこ美味しいのですが、少し贅沢したいなら、霜降ステーキ定食ですな。

霜降?ステーキ


 霜降ステーキなるものは、機械的にスライスされた、冷凍だったんだと丸分かりの厚切れの肉。しっかりと熱せられた鉄板の上に半生の状態で手渡され、ここからジュージュー言わせて焼きを入れなければなりません。
 鉄板は十分に熱せられているとはいえ、みるみる熱は冷めていくので時間との戦い。飛び散るステーキソースが衣類についても、お構いなしにしっかりとステーキに焼き目を入れて、冷める前にご飯と一緒に戴きます。これまで、息つく暇もなく・・・。
 学生時代、貧乏この上なかった時代、こんなメニューがあったらご馳走だったろうに・・・と思う程、ステーキを千円以内でお安く戴きたい方いらっしゃれば、是非この(霜降)ステーキをどうぞ。
2007.02.07 Wed l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 4.0p

ハンブルク


 正しいお店の名前は、「ハンブルク」です。
 子供の大好物であるハンバーグは、もともと、ドイツのハンブルク地方の名前が語源になっているのですが(綴りもハンバーグと読めます)、このお店は、ハンバーグも勿論出ますが、ドイツの家庭料理を中心に出してくれるドイツ郷土料理のお店です。

 そして、なんと、たまたま食べに行った時に、日本女子バレーボールチームの柳本監督と遭遇!!。ここは、柳本監督の御気に店のようで、よく日本女子バレーボールチームを引き連れ来店しているそうです。

地ビールをそぞく。


 ドイツのご当地ビール(名前忘れました)を注文。
 酵母が普通のビールよりも濃いらしく、注ぎ方次第では、味が変わってしまうと注文を受けて、私も挑戦。
 胴長のグラスを片手で持ち、慎重かつ大胆にビールを泡立たせずに注ぎ込み、そして、残りのビールを入れる前で一旦グラスをテーブルの上に置き、ビンの中に残ったビールを掻き混ぜ、沈殿した酵母を混ぜてから、最後にビールをグラスに注ぐ。
 熟練しなくても、飲み会に参加したメンバー6名中5名は見事に注ぐことが出来た中、私だけがビールがビンの中に残ってしまい・・・泡だったのが原因ですが、店員から「それは失敗です、あきらめてください」とダメだしされてしまいました。

これが、注ぎ終わったビール


 地ビールは、少し濃く、しかしフルーティなまろやかな感じ。
 いつものビールとは違いますが、ドイツ料理ととても良く合います。特にこんな、ソーセージなんか。

ソーセージ


 料理は全体的にやや高め。
 家庭料理が主ですが、ザワークラウト、ソーセージなど、代表的なものばかり注文。ドイツ料理とはいえ、日本人の口によく合うものばかり。友人のみる氏はドイツに惚れこんで、ドイツに憧れを言ってましたが、なんでも、日本人とドイツ人は性格的にも良く通ずるところがあるらしいです。。。ほんとかな。

シュトレン


 クリスマスということで、ドイツの伝統的なお菓子である、シュトレンを注文。シュトレンは保存食としても用いられているらしく、この時期に作り置きして、ドイツの寒冷な気候の中で保存し、春先まで食べられる国民的お菓子なんだとか。
 一見、バウンドケーキですが、結構パサついて堅いお菓子で、しかし割りと甘めの結構美味しいお菓子でした。

 ところで、お酒の席の場、ドイツ語をちょいと勉強した私が、ドイツ語で数字を言おうとして、イッヒ、ツヴァイ・・・その先が出てこなくなりました。でも、1と2だけは言えたと思って喜んでいたら、一人に「イッヒは、英語の「I」と同じで、アイネでは?」と指摘が。。
 つまり、1も間違っていて、2=ツヴァイしか合ってなかった。。

 残念っ!!
2006.12.23 Sat l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★☆ 4.5p

 今週は、何かとバタバタしていて、遊びにも行って、
 この週末も忘年会で、と、なかなかブログ書く暇すらない
のりっくですが、しっかり食べるものは食べてます。

 今日は、今年度Kansai Walkerうまいものランキングで、
 洋食第一位(399ポイント)に選ばれた、谷町六丁目の洋食屋「もなみ」の御紹介。

もなみ


 二階立てのこじんまりとした街の洋食屋さん。
 しかし、キャンドルが各テーブルに配置され、思いのほか中は雰囲気がよく、なにより、気さくな店主と、世話焼きおかみさん。

目の前で焼きます


 ここでは、まずは「ハンバーグステーキ」を注文しよう!。
 大阪で今年一番うまいハンバーグ屋に選ばれただけあって、さぞかしうまいのかと思っていたら、実にジューシーな超特大ハンバーグが出てきて、見た目でどっきり。
 手ごね感抜群の、まさに、手作りハンバーグで、しかし、濃厚な肉質感というか、まあ、とにかく食べてみなさい。そこらへんの洋食屋のハンバーグに比べたら、結構ここのはうまかったぞ。

ハンバーグ


 更に、豆腐のサラダが、主人のサービスで出してくれて、
 更に、関西ウオーカー持参で今のところ300円引き!!
 更に、主人とお近づきにあった暁には、特大ハンバーグから、超特大ハンバークに増量サービス?????

 まあ、人情味溢れる、一度はいってみるとよろし、街の洋食屋でございます。
2006.12.09 Sat l 【たべもの】洋の美食 l COM(1) TB(1) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

神戸屋レストラン


 本記事とは直接関係ないですが、1月29日にロミオ氏が、NTV系バラエティ「極上の月夜」にエンターティナーとして出演されるそうです(と、本人が宣伝してました)。「ハヌッセン」は深夜枠で再放送も昼間だったため、なかなか見れなかった人も、今回はナイスな時間に放送されます。美輪さんの息もかかったマジシャンでもあり、かっちゃんもそろそろ在阪のTVに出演するかなあ(笑)。

 本題に戻して、今日は先週行って来た「神戸屋レストラン」の紹介。

 神戸屋と言えば、ヤマザキパンとタメを張る大手パン企業ですが、そこがベーカリーファミレスとして展開しているのが「神戸屋レストラン」。洋食を中心に焼きたてパン食べ放題のちょっと高級なファミレスなのです。
パン食べ放題

 して、ここの女性の店員さん、アキバちっくに言うと「超萌えー」
 メイドカフェではないけれど、ブルーを基調とした可愛らしい服で、いらっしゃいませご主人様とは言わないけれど、おいしいパンを召し上がれとばかりに、バケットにタップリ入れた数種類のパンを各テーブルまで運んできてくれます。
おすそわけ

 パンばかりではすぐお腹が膨れるので、シチューを注文。すると、出ました、パイ生地包みのシチューではあーりませんか。
ふっくらパイ生地

 パンをシチューのディップして食べたら、もう病みつき。
 何度でも手が出ますなあ。
 更に、海鮮スパゲティ。こちらもパイ生地閉じ込め。
こちらも。

 残念ながら、この店、北摂中心で堺以南は少ないのです。
 しかし、パンレストランとは・・・いやはや、楽しいもんでありますなあ。うまいし。
2006.12.03 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。