上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★★(4.0P)
お好み「美佳味」


 先日、某温泉に行った時、ヤクザ風かたぎのおっさんに絡まれました。
 お好み焼き談義をしていたところ、おっさんが乗っかってきた感じ。
 風呂の中での緊張の中、30分間もお好み焼き説教。
 まー、そのおっさんがいうのは、何処の店は味が落ちただの、こんな店はお好み焼きではないだの、四の五の。
 そんな中、やはり美味いお好み焼きの店は、昔から慣れ親しんだ味の店、それが一番とのことでござったり。

 考えてみれば、そうなんスよね。
 難波のお好み焼き屋は、どれも「これは!」というのがないんですよね。後輩が広島で「思い出のお好み焼き」があるのですが、我々初見参モノにはまーまー美味いものにしか見えなかったり。
 つまりは、味+思い出(プライスレス)なんですよ。たかが粉モノ、されど粉モノ。五百円そこそこの平凡なお好み焼きでも、思い出が入ったところの店が一番なんかもしれません。

 なれば!、私の思い出の?というか今もあるんですが、
 慣れ親しんだお好み焼き屋を。

 堺市は、家原寺の近く、住宅街にあるお好み屋「美佳味」。堺市中区地区の住民ならば、この店は知らない人はいない有名店。いつも、行列があって、有りつけるまで数十分は待たなくてはなりませぬ。

店内の様子


「ちょっと電話に出てよ!、何ボサッとしてんの!!」
「ホラホラ、どんどん焼いて!、待たせるんじゃないよ!!」
「水注いで廻るの!、そんなんも気がつかんの!!」

 ここのオカミはかなり怖い・・
 総指揮ですな。なかなかキツい口調でバイトさん達を完全掌握しております。いやー、うちの職場にもこんな人がいたら廻るんでしょうね。気は持たないかもしれないけど。
 店内は、民家を改築したと思われるこじんまりとした店内。
 カウンターは、殆ど焼き上げ専用。焼いて持ってきてもらうシステムです。ここではエビ肉モダン焼きをオーダー。

お好み焼き

 これが、のりっく思い出?のお好みです。
 というか、中学校の頃から、おやつ代わりに何十回、何百回(そこまではいかないか)と足を運んだ場所ですから。味はオーソドックスながら、自分の中では美味い部類。どうしても、この味に敵わない店は、どうしてもランク下がってしまうのです。他人からすれば平凡ながらも、慣れ親しんだ想い出の味が、加味されているんでしょうな。

 さて、ここでまたまた次回予告。
 次回の記事は、「Mr.Children」スタジアムツアーファイナルの様子を潜入ルポしてまいります!!。長居スタジアムの興奮の様子は何処まで伝えきれるか分かりませぬが、ご期待を。
スポンサーサイト
2007.09.30 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(2) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】(3.0P)

本家きむらや


 貴方は、本場の「明石焼」を食べたことアルか?
 その前に、「明石焼」って何?、な人も。

 説明しよう。
 「明石焼」とは、兵庫県明石市のご当地グルメで、つまりは「たこ焼き」であります。しかし、大阪のパリっとしたたこ焼きではなく、ふんわり、ぷるりとした卵焼きに蛸の切れ端を入れ、こんぶ出汁やかつお出汁でとった出し汁にドリップして頂きます。

 まずは、その目でご確認いただきましょう。これが「明石焼」です。
明石焼き


 明石焼を食べに、明石まではるばる車を走らせたのですが、明石の街に「明石焼」のお店をと探しても、意外と少ないのです。JR明石駅から、「たこフェリー」乗り場(海側)に向かって、2ブロックほど進んだアーケード沿いに、「本家きむらや」があります。
 大正13年から続く、老舗中の老舗。
 「明石焼」とあれば、この店というだけあってか、多くの観光客で並んでいます。メニューはずばり、明石焼、そして、おでん。
 明石焼は一名様20個。
 少し傾斜のついた年季の入った真名板に、格子状に綺麗に並べて出してくれます。お出汁につけて食べると、また、華なり。たこ焼きとは違い、意外とお腹にこなく、数は多いかなと思うなかれ、女性でもぺろりといけるでしょう。

 ただ、上品であったりした味。
 これだけでは、ちょっと物足りないかも。

 ちなみに「明石焼」は、ご当地では「玉子焼」といいます。
 つまり、お昼は「玉子焼」のみ。・・・では、ちょっと物足りないかなと感じるのも、納得。
2007.05.26 Sat l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★ 3.0p

冨紗屋

 「○△□焼き」と書いて、マンダラ焼きとか言うそうな。

 ココ最近、週末すら仕事に追いまくられて、ロクにブログを更新できていないのりっくですが、食べ物だけは喰いタンしています。
 谷六といえば、ハンバーグの「もなみ」が有名で、行列が出来ていたのですが、反対側の商店街を西に向かってずっと歩いていったところに、粉モノの有名店があります。「冨紗屋(ふさや)」です。

 名物の豚肉ともやしいっぱいの鍋

 ここの名物店長は、引退されたらしく、息子さんが切盛りしていました。不慣れに忙しそうにしていて、たまにオーダーが間違ったりと手際悪かったのですが、ここでは単品ではなく、コースを堪能。

 先代から続くコース料理で、お好み焼きフルコースです。

 キムチ焼きそばのあとは、豚肉ともやし沢山の鍋が登場。何故か、お好み焼き屋に「鍋」です。ポン酢で頂きますが、疲れにはいいですね。その後、実に多種多彩なお好み焼きが登場で。。。

もちとチーズのお好みとか

お好み磯辺焼きとか

お好み焼きお吸い物まで。。。


 試合開始から、全球変化球勝負です。
 お好み焼きフルコースとは言えど、これが、お好み焼きか??と疑いたくなるものばかり。一つ一つはそこそこ美味しいのですが、如何せん、相当なボリューム。最後の玉子で包んだお好みまで辿りつくには一苦労かと。。
 フルコースのデラックス版では、更にメニュー数が増えるみたいで、、なかなか、小食な方にはハードかもです。

芋っこアイス


 そんな最後の〆は(自分はお腹が爆発しそうで食べれず)、「芋っこアイス」という名物。芋アイスが出るのか・・・と思いきや、芋とアイスクリームが出てきて、少しずっこけました。
 ホカホカの熱い芋と、冷たいアイスのハーモニーが良いらしく、この店の名物とか。・・・うーん、こいつも変化球だな。

 で、結局、どれが勝負球だったか、解らなかった訳で、、なんだかなー、て感じのお店でした。
2007.04.14 Sat l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
だいげん

 アメ村より少し南。道頓堀より北。
 道頓堀北の大使館前に、常に警察官が何名も警戒にあたる筋を西に入ったところが「三津寺」と呼ばれる界隈です。
 マジックバー「A-omoro」や、お好み焼き「南風」など、このブログでも幾つか紹介していますが、この界隈は処狭しと飲食街が建て並ぶ激戦区。大阪の著名な芸能人も、在阪のTVもこぞってここら辺の飲食店を特集します。

【お気に度数】★★★☆ 3.5p

 「だいげん」は、小腹の空いた時などにも立ち寄りたい露店。どっちの料理ショーにも出たことあるらしいそこのお店では、「たこせん」をどうぞ。

たこせん


 「たこせん」は、駄菓子屋などで売っている「えびせんべい」に、たこ焼きと、マヨネーズ、ソースを混ぜて、えびせんべいを半分に割ってサンドイッチした食べ物です。大阪ではすっかりポピュラーになった食べ方ですが、全国の方にしては珍しいかも。
 しかし、これはかなりイけます。たこ焼きではちょっとお腹一杯になりそうでも、クレープよりさくっと召し上がれる「たこせん」はちょっといただき。



 ここ最近、仕事に仕事で、ロクにブログを更新する暇さえなく、マジックも半ば中断状態ですが、うまいものはちょくちょく探しては食べに行ったりしておる次第です。

 はやく、桜の季節にならんかなー。
2007.03.25 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

味の屋


 なんと、今月美食ルポは、2回目だったんですね。
 今週は契約見積関連の、開発以外の仕事で神経を尖らしていて、ヘトヘトだったのでブログはおろか、食べ物すら食い歩きしていない状況でした。

 そんな中、何とか食べに行った新規店が、道頓堀松竹座の裏手にあるビル2階の「味の屋」というお好み焼き屋さん。
 知人の紹介でうまいという店を聞いていて、早速行ってみました。
 最近は、美食紹介で訪れることが多くなりました。

美味・やきそば


 ここは、焼きそばが一番うまいっ!!!
 ★4.5は軽く行けそうな、昔語りのソース焼きそばで、具沢山です。よく粉モノでお好み焼きを食べに行くことが多い中で、焼きそばはサイドメニューとして注文することが多いですが、ここは主食としてもなかなか存在感ある味です。
 1000円強と、2000円強の焼きそばがあり、少し高級。
 甘辛ソースと、焼きそばの絡みが妙で、大阪人らしくごはんが進みました。

三色お好み焼き


 味比べするなら、ミニサイズの三色お好み焼き。
 いろいろな具材から、三品頼んで、個別にミニサイズで焼いてくれます。しかし。。。こちらは残念な味。普通の豚玉に比べ、生地が堅く、どちらかといったらホットケーキ風。なので、純粋にお好み焼きにトライされるほうが良いかと思います。
 いずれにしても、よく聞く「粉モノ」店の優良店です。交通至便な場所にあるので、一度足をお運びあれ。


 さて、ここから「TRICK」の話。

 いよいよ、1/29に、ロミオ・ロドリゲス・Jr氏の初?ゴールデン進出である番組「極上の月夜」が10時15分からオンエアされます。昨日、ロミオ氏が来店していたので、またいろいろ話していたのですが、当日は電波ジャックで、ズームインと、ザ・ワイドに乗り込むらしいです。
 ここから裏話で、「極上の月夜」出演で、一番気になるのが視聴率。特に裏で「SMAP×SMAP」が控えているため、何処まで対抗できるかが興味あるところです。
 ちなみに、プリンセス天功も、前田知広も、視聴率10%に僅かに届かなかったため、ロミオさんが10%超えると、番組として大成功。次なる企画もあるそうです。

 なので、皆さん、1/29は「極上の月夜」を観ましょう(笑)。

 前田知広氏が一世風靡して二年と少し。
 前田氏の露出が減ったのには、クローズアップマジックが認知され、同等のマジシャンが多数乱立したためか、あまり新鮮さがなくなってきました。そこで、マジック好きな日テレが次に選びし刺客が、そのロミオ・ロドリゲス・Jr氏。特に私は彼が大阪で活動を始めた頃から知っていて、かつ、「TRICK」で親しくなったもので、なんだか里親の気持ちになってしまいます(笑)。
 TV局としては、次々と新しい刺客を探し出してきては、ヒットさせて、を繰り返すのですが、人気が去ると怖いものですね。しかしながら、全国に認知されるための足がかりと考えると願ってもないチャンスです。

 ちなみに、昨日はロミオショーがゲリラ発生しました。
 相変わらず、冴えてます。クローズアップで随分観ている私でさえ、驚いてしまうのは、さすがプロ。
 ちなみに、2/2、3のどちらか、ロミオ氏の新作オン・ステージがあります。ロミオ氏が「TRICK」に立ちますので、テレビを見て、気になった方は来店くださいな。
2007.01.20 Sat l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(1) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p
南風

 アメ村の南、「網元」の看板が目立つ沿いにあるマジックバー「A-omoro」の真反対にある異種粉モノ店「南風」があります。
 ここの定番は、どろ焼きという、もんじゃでもなし、お好みでもなし。どちらかというと、とんぺい焼きに近いような、そんなどろっとしたスライムちっくな食感が珍しいです。
どろ焼き

 どろ焼きは、和風かつおだしにディップしていただきます。
だしづけ

 しかし、私は、大阪人だったら、新規店はまずお好みぢゃろうということで、お好み焼きを普通に頼んでみました。
お好み焼き

 ん?!!
 お好み焼き・・・じゃない?
 拙の思うところ、お好み焼きとは、和風ホットケーキというか、もっと堅いもの・・・なのに、こちとら、どろーりと、山芋なのか、どろりとするものをつなぎに使っていて、何やら不思議な食感。お好みであって、お好みでない、どろりとしたお好み焼き。
 女性には、食べやすくて好まれそうです。
 食べ慣れたお好み焼きを食べようと思ったら・・・かなり違和感あり。
ソース焼きそば

 ソース焼きそば、は、一食の価値有り。
 香ばしく、ぺろりといただけます。

 ところで、最近、行く店の先々で「水野真紀の魔法のレストラン」のステッカーがぺたぺたと貼られていて・・・相当、量産体制で紹介してんだな、あの番組、、、と思いながら、負けじと拙もグルメ食べ歩きをいそしむでごわす。
2006.11.23 Thu l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
アメ村有名な壁画


 アメ村では、一番目を引く、黒田征太郎の壁画。
 長く、アメ村にアクセスしていなかったのですが、意外と食べなれていないところ、遊びに行っていないところが多く、今日は、たこ焼きの有名店と、新規マジックバーの2箇所を紹介。

【お気に度数】★★★ 3.0p

甲賀流


 大阪で有名なたこ焼き「甲賀流」は、アメ村の三角公園の真ん前にあります。
 たこ焼きにマヨネーズをつけるようになったは、この店が発端?らしく、並んで購入したたこ焼きはしっかりとマヨネーズが。

甲賀流のたこ焼き


 して、そのお味はというと、意外と普通。
 たこ焼きは小玉で、焼きといい、味といい、思っていた程インパクトがなくて、あれ?て感じ。「くくる」と「たこやきくん」のイメージが強いせいか、オーソドックスなたこ焼きは、正直、物足りなさを感じてしまうこの頃。
2006.11.06 Mon l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★ 3.0p

 しめすへんに兄貴と書いて「祝」っ!。
 某・秋のスポーツの祭典に参加してきて、優勝してしまいました。
 勝利品は、TDLかUSJの1デイフリーパスチケット。

 ・・・TDLは遠いぞ。
 東京に行った事がない、ローカルマジシャン。

 まだ、先週行ってきたたこ焼き屋全部紹介してません。
 次は道頓堀中央にド派手な看板を構えるたこ焼き「赤鬼」。

赤鬼の看板


 ここで、勢いがいいのは売り子の兄ちゃん姉ちゃん達。
 列が絶えずならぶ人気店ですが、なんと、クーラーボックスを抱えた兄ちゃんが「おしぼり」のサービス。おっ、気がきくねえ。サービスと威勢は満点のお店であります。

テレビの取材入りました


 なんと、列を並んでいたところ、偶然テレビクルーの取材が。
 そう、道頓堀周辺はうまいもん屋が多く、こういったテレビの取材の様子をよく目にするのです。

焼きいれたろか


 焼き入ります。

たこ焼き


 赤鬼のたこ焼きは、オーソドックスにソースと、マヨと、鰹節。
 醤油などの種類もありますが、まず、甘辛ソースで頂き。
 うまいのはうまいですが、ソースが少し辛め。道頓堀味比べでは個人的には「くくる」に軍配が。しかし、大阪の威勢のいいサービスを味わうにはまた良きお店だと思います。

 道頓堀を日本橋の方向に歩きましょう。
 左手、すぐに見つかります。
2006.09.30 Sat l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

会津屋店舗

 大阪人のソウルフードと言えば、やっぱ「たこ焼き」でしょう。
 たこ焼きのルーツというか、たこ焼きの考案の元となった食べ物は、「明石焼」であるのが一般的な見解です。
 しかし、もともとは、ここ会津屋で、「ラヂオ焼き」という名前で、たこ焼きの「たこ」の代わりに、牛筋を入れた粉モノの食べ物だったみたいです。

兄さん「ヤキ」入れます


 今でも、会津屋に行けば当時の「ラヂオ焼き」を食べることが出来ますが、この店が明石焼をヒントに、「ラヂオ焼き」にタコを入れた食品を開発し、それが現在の「たこ焼き」となったとうことです。
 明石焼は、明治時代からあるらしいのですが、戦時中は卵の値段が高く、小麦粉で作る「たこ焼き」の方がリーズナブルだったため発展したそうです。ちなみに、元となった「ラヂオ」とは、文字通り「radio」から来ているみたいですが、当時としてはハイカラだったその名前を拝借したというのが有力な説とか。。。

 詳しいのを知りたい方、美味しんぼ77巻にこの店が登場します。

たこ焼き


 ここのたこ焼きは、ソースや青海苔を塗らない「元祖」味。
 そのまま食べるもよし。
 醤油、ソースをお好みで食べるもよし。
 昔ながらの素朴な味に出会えます。

ラヂオ焼き


 更に、「ラヂオ焼き」も注文。
 タコが入っていない分、物足りなさはあるものの、更に素朴な味。。
 全体的に小振り。焼き上がりはカリッとしていて、案外いけます。

 地下鉄四つ橋線「玉出」駅1番出口上がって、すぐ。
 通りの反対に、店が見えます。

 たこ焼きを食べつくすには、まず、ルーツを知るべし。
2006.09.24 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

わなか

 大阪千日前にある、なんば花月の直ぐ隣にある「たこやき」屋。
 なにわ人ならご存知のたこ焼屋「たこ焼道場わなか大入」です。

 半世紀続く老舗のダシ味が光るタコヤキもさることながら、やはりここでは「ネギポン」がオススメ。タコヤキ一舟に、てんこもりの刻みネギをのせ、ポン酢をかけていただく。和風な感じがよろし。

 なんでも、「どっちの料理ショー」にも出た程とか。そういえば、「どっちの料理ショー」に出たとか、NHKに出たとか、大阪人はなかなかメディアも商売の「宣伝文句」にしてますなあ。

鮮やかにたこさん返す


 なんば花月の入り口付近まで延びた長い人の列を抜けて、ようやくたこさんゲット。ここでは、太めの竹串で鮮やかにたこさんをひっくり帰していきます。ここの入れ物は、プラスチックのタッパーではなく、タコヤキの入れ物の呼び名になっている「舟」の形をしたもの。小8個ながら、存在あるふっくら円形のタコヤキで、軽くいけてしまいます。

ソースにしてみました。


 今日は趣向を変えて、ネギだくの、ベースに特製ソースを。
 マヨネーズもからしも添えて。
 これでも、ネギはあいますなあ。というか、ネギが大好きな拙者は、こんなに溢れんばかりのネギが投入されると、幸せになるのであります。

 では、紹介。
「わなか」の詳細については、
  → http://r.gnavi.co.jp/k348700/
にて、どうぞ。
2006.09.24 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。