上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さて、問題。ここは何処でしょう?

ヒント1

ヒント2

ヒント3


 イギリスではありません。
 フランスでもありません。
 ましてや、神戸でもありません。

 正解は、上海です。
 正確には、上海の「新天地」と呼ばれる場所です。

 「新天地」は、欧米系のビアホールや、バー、カフェが並び、異人館のような洋風の建物がまとまって入った観光名所です。上海人はもとより、欧米人、日本人も多数集まる国際色豊かな一角です。
 昨年、現地の知り合った日本人から、この近くにマジックバーがあると聞きました。今はどうかは知りませんが、結局行けずじまいなまま、出張は終わりました。

 当時、上海にもマジックショップがあると聞きました。
 何処かの「大廈」に、上海の西の外れの日本人街の近くに「それ」はあって、上海で数回マジックの交流を集った時、参加された台湾の方がそこで「バイシクル」のカードを購入したそうです。
 日本では一般化してしまったマジックですが、上海は(中国は)未開の地。マジックの現地化などは程遠く、私も出張時は、クラブの小姐達や、仕事仲間の中国人技師によく披露しました。

 そういや、ロミオ・ロドリゲス・Jr氏は、中国語が堪能とあって、TRICKの水沢君と上海公演しに出張するとか言ってましたが、果たしてどうなったことか。。
 中国の方には、恐らく20名以上の方にマジックは見せたかと思いますが、先日、日本に出張してきた、上海から程近い杭州の男女技師さんに、飲み会の席で披露してみました。

 総じて、中国人の方にマジックをしてみた感想。
 流石は、チャイナリングの発祥の地。
 ハン・ピン・チェンムーブの発祥の地。
 拙いテクニカルな技術では、すぐに見破られます。
 カードの文化が根付いているためか、視点が違います。
 マジックをすると、日本人の観客と明らかに異なる感じがします。

 更に、すぐに手が出るところ。
 専ら、マジックに見慣れていないというか、見る姿勢を知らないので、カードを覚えて、特定の枚数目にコントロールしたとしても、油断したら「これなら出来ますか?」とにんまり微笑んで、さっと手が出てきて、カードをシャフルしてしまいます。
 しかし、マジックには相当興味を抱く傾向にあります。

 言葉の壁は大きいでしょうか。
 イロジカルな、ビジュアルに長けた作品も、言葉が通じない中での演技をしても、現象を理解してもらえなかったり、なんとなくフシギに思われたりと。。その効果は半減するみたいです。
 
 マジシャンとして頭うちな方、これから世界へ飛び立つ方。
 アメリカ、イギリスもそうですが、国際化バリバリ加速中の中国進出はいかが?。競合相手は少ないので、中国語がマスターできれば、現地での活躍は夢ではないかもです。

 TOEIC370の私は、当面ない話ですが。。
スポンサーサイト
2007.06.26 Tue l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
「熱帯風爆」

 時間は昨年夏にさかのぼります。
 部屋を片付けていたらナツカシのアイテムが出てきて。。。

 上海随一のアミューズメントプール「熱帯風爆」に行った時、中国元をこの筒の中に入れて持ち歩いていたのを思い出しました。

ナツカシのアイテム


 上海の地下鉄一号線に乗り換え、外れの街まで行き、そこからタクシーで数十分。飲み屋のお姉さんと親しくなった折、連れて行ってもらった上海のナガシマスパーラント的巨大なプールです。
 ここのプール、意外と老朽化していて、水質も悪く、目と鼻と口に水が入らないように必死にガードしていたのですが、それを嘲笑うかのような「恐ろしい」仕掛け満載のプールなんです。

 まずは、波のプール。
 一定時間が過ぎると、大きめの波が来ます。
 日本の波の出るプールを想像した貴方、とんでもない。
 ゴムボートが一瞬にして転覆するほど物凄い波が長時間やってきます。まさに嵐の中にいるかのごとく。何度も転覆し、体制を立て直してはまた転覆。恐らく日本中何処探してもないだろうビックウエーブが絶え間なく襲ってくるのです。

 しかし、このプールで一番「恐ろしい」のが流水プール。
 ゴムボートを借りて、ぷかりぷかり浮かんで、施設の外周をゆるりと進んでいきます。施設はジュラシックパークをイメージしていて、クルージングをしているかのように演出しているのですが、一角に、「立入禁止」なる怪しい立て札の続く箇所があり、それを越えた辺りから徐々に流れるスピードが速くなる地点があります。
 プールに波を起こすメカニックは単純で、巨大なプレス機がガチャンコ、ガチャンコと振動していて、プレス機が一番押し出された時に「波」が発生します。
 実は、そのプレス機が、流水プールの側面に互い違いに設置されていて、ガチャンコガチャンコと振動しているんです。
 その中では、予測不能なほど荒れ狂った流水プールに変身し、氾濫している状況。当然乗っていたゴムボートは転覆し、プールの底に頭をぶつけ、側面に激突し、身体中アザだらけになりました。
 多分、日本じゃ、安全面からまず設置できないだろうな。

 中国人は、意外と常識外れた遊びの施設を作ってしまいます。

 お口なおしに、これでもどうぞ。

チャーハン

ショウロンポウ

 
 これは、「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の名物の小龍包と、焼飯です。
 近畿では京都にあるらしいのですが、まだ探せていません。台湾に本店を構え、世界で十指に入るとされるかなり美味い飲茶のお店です。上海の小龍包と言えば「南翔饅頭店」ですが、こちらの方が上品で女性ウケがいいかも。特に、焼飯が抜群に美味いのです。

 この写真は、上海の新天地店に寄った時、撮ったものですが、自分の中では★4.5を越えてくる美味さがありました。日本でこのお店に行く機会があった時、改めてレビューします。

 しかし。。。
 上海出張の折りの写真、いろいろ出てきました。
 また、折を見て、御紹介したく思います。
2007.02.27 Tue l 上海照片 l COM(2) TB(0) l top ▲
 東方明珠塔

近くから見ると、このド迫力っ!。アジア一高いテレビ塔が、この「東方明珠塔」で、上海市内のどこからでも、見ることができます。地上350メートルの最上階からは、上海市街を一望でき、遠く、長江まで眺めることが出来るのです。
 金茂ビル屋上から

金茂ビル屋上の展望台から、東方明珠塔を眺めたら、こんな感じで見えます。日本だとずば抜けて高い塔なのですが、ここ上海の軒立つ高層ビル群に囲まれて眺めると、意外とこじんまりと見えてしまうのが、さすが、魔都、上海のスケールのでかさでしょう。
2006.05.25 Thu l 上海照片 l COM(2) TB(0) l top ▲
浦東の夜景

 この風景、一度は見たことがあるのではないでしょうか??。この風景は、黄浦江を挟んで、浦東新区を眺めたものです。左に見えている、独特の形をした塔が、「東方明珠塔」というテレビ塔です。そして、反対外に見える、大きなビルが、世界で三番目か四番目に高い「金茂ビル」です。上海といえば、必ず登場するこの地域は、私の今いるホテルからすぐ近くのところにあるのです!
金茂ビルをテレビ塔のてっぺんから撮影

東方明珠塔の展望台から、金茂ビルを撮影してみました。この写真は昨年撮ったものですが、実はこのビルの裏側に、現在、世界一高いビルを立てようとしています。まったく、中国人は何でも一番になりたがるもんですねえ。。。ちなみに、この夏公開のMI3に、ここらへんのビルから、トムクルーズがダイブしました。
外灘と浦西を眺める

 上海は、街の真ん中を黄浦江という川が流れていて、東西に分かれています。今、紹介する浦東(プードン)に対して、西側の旧市街が広がる地区が浦西(プーシー)と呼ばれるところです。次の写真は、浦西側の外灘(バンド)と呼ばれるところから、更に西側に広がる南京路付近を眺めたものです。
 さて、ここの上海の紹介も、随分と幅が広がってきました。
2006.05.25 Thu l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
海賊ビデオ屋

 上海の夜はまた一段と怪しいいい感じになっていて、こんな、海賊DVDショップが、堂々と看板を出して営業しています。店内には、古今東西、映画からアニメからドラマに至るまで、粒揃いの「違法」DVDが堂々と売られていて、日本からの旅行者や出張者が大量に買い込んでいきます。
 映画関係者の人には、たまったもんじゃないですけど。。。
この店は・・・美容院??

 ホテルまで戻る帰り道、夜中にやっている美容院を発見。美容院の前にある、「くるくる」の電動ポールが廻っていますが・・・店内の照明は何故か、ピンク色で、その奥に、怪しい半裸姿の女性が何人も。。。ここは、「美容院」ではなく、非合法の風俗店だったのです。あまりの怪しさと危険さに、行ったことはないのですが。。。
2006.05.24 Wed l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
タイムズスクエア

 現在泊まっている、中電大酒店から北側にすぐ行ったところに新上海商業城という、デパートや飲食店の入ったビルや家電量販店が軒を連ねる場所があり、買い物や食べ物には困りません(笑)
ヤオハン

日本でお馴染みの「ヤオハン」が、上海にあります。第一八佰伴は、地上一階から九階まである巨大なデパートです。一階のジュエリーショップには、1000元を軽く超える化粧品や宝石が処狭しと置かれ、洋服も300~600元前後と日本の相場と大差ありません。一ヶ月500元前後のサラリーの人が多くいる上海ではかなりな高級デパートですね。それだけ富裕層が多いのでしょう。
フードコート

 ヤオハンの向こう隣に、フードコートが最近オープンしました。カレーショップやマクドもあって願ったりかなったりですが、ここにシュークリームのビヤード・パパを見つけてびっくりしました。
ビヤードパパ

 興味があったんで、早速買ってみました。
 一個6元=80円程で、日本より割安、食べた感じは・・・かなり砂糖が入っているか、かなり甘い感じでした。
シュークリーム中国仕様

2006.05.24 Wed l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
ようこそ上海


 仕事で今日よりまず二週間、大阪から上海へやってきました。
 関空から出る上海行きは、JAL、ANA、China Airlines、中国東方航空、上海航空・・・沢山の航空会社が一日何往復もあって、空路は片道丁度2時間。搭乗までの手続きと、移動等で、5時間程で上海の目的地にはついてしまいます。

上海へ向かいます


 私は中国東方航空(MU)とJALの共同運航便に搭乗したのですが、のっけから、物凄い人の列。百人ほどの団体と便を共にしてしまい、チェックインに一時間もかかってしまいましたが、結局、飛行機も三十分近く遅れてしまい、搭乗までのひととき、欠伸しながら飛行機を待っておりました。

MU


 やっとのことで、飛行機に乗り込み、揺られること約二時間。機内食はそこそこに、うとうと眠りについたら、・・・気がつけばもう、眼下に中国大陸が広がり、着陸寸前の状況でした。
 上海浦東(プードン)国際空港に到着してからも、また、一苦労。
 ここの税関はとかく、めちゃくちゃ並ぶ、並ぶ。今回は特に、大型の旅客機が二台バッティングしたため、税関までには物凄い人の列が出来ていて、しかも、自然発生的に、ところどころで一列が突然二列になり、それらの列に更に人がスタックされるので、税関を通るまでに約一時間半は待ちました。こればかりは苦痛な時間でしたねー。ここらへんは、せっかちできっちりしている日本人とは違うところです。ようやく税関を抜け、荷物を取り、ゲートを抜けると・・・人、人、人。待ち人の中国人で溢れかえっています。ここはスリも多いと聞くので注意したほうがよいでしょう。
 幾つか、銀行のカウンターが並んでいて、ここで、日本円から元に替えることが出来ます。ホテルで替え金可能ですが、★の少ないホテルは、時間帯によっては出来なかったり、また、タクシー等使う場合は元が必要なので、替え金しておくとよいでしょう。但し、少ない額を両替しようとすると、25~50元程度の手数料が取られます。

浦東空港出口付近


 上海浦東国際空港は、上海の端の端、海側の水田地帯の上にあって、上海中心部とは、関空から大阪市外までの距離があります。そこまで行く手段としては、
① タクシーで目的地に直行
② 世界最速のリニアモーターカーで浦東の龍陽路(ロンヤンルー)まで行き、そこでタクシーか、地下鉄に乗り換える方法
③ 乗り合いのバスで目的地近くまで行く方法
 リニアモーターカーは是非乗りたいところですが、夕方5時までの営業であり、更に、上海中心部からかなり手前で下ろされることになります。そこからは、地下鉄2号線で上海中心部に直通することも可能ですが、大きな荷物を抱えているとタイヘンですし、更に、大きな荷物を持った客は、龍陽路駅のタクシーに乗車拒否されるっ。随分前ですけど、何回も乗車拒否されて、たいへんな目にあったので、それ以降は基本タクシーで行くことにしています。
 乗り合いバスで行くと、破格の安さで、上海中心部へ行くことも可能ですが、座れない可能性がある上に、物騒なので、タクシーが一番無難と思います。
 タクシー乗り場は、空港を出て、向かって右側に歩いた端の方にあります。

タクシー乗車


 タクシーのドライバーは、ほぼ100%日本語が理解できません。よって、行き先を地図か住所(中国語で)書いた紙を確実にドライバーに見せて、目的地到着後は「発票(ハーピャオ)」と言って領収書をもらい、お金を確認します。
上海のタクシーはいい車もありますが、ポンコツ車もあります。ドアは自分で開き乗車します。タクシーの運転手は★制度があり、ダッシュボート横の名刺の★の数でその運転手の技量が分かります。★なしはかなり無謀な運転をする新米ドライバー(毒)。私が乗ったのもこの★なしドライバーで、高速を爆走して、指示器なしで車線変更しまくるっ。更に携帯が何処で鳴ったかと思うと、いきなり両手をハンドルから離して、キョロキョロ見渡し、自分の携帯を見つけると、なんと、運転しながらメール打ってます。
中国語も分からないんで、注意も出来ず、途中何度か追突しそうになりながら、無事、ホテルに到着。もう、くったくたですよ。

爆走ドライバー

2006.05.23 Tue l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。