上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 東方明珠塔

近くから見ると、このド迫力っ!。アジア一高いテレビ塔が、この「東方明珠塔」で、上海市内のどこからでも、見ることができます。地上350メートルの最上階からは、上海市街を一望でき、遠く、長江まで眺めることが出来るのです。
 金茂ビル屋上から

金茂ビル屋上の展望台から、東方明珠塔を眺めたら、こんな感じで見えます。日本だとずば抜けて高い塔なのですが、ここ上海の軒立つ高層ビル群に囲まれて眺めると、意外とこじんまりと見えてしまうのが、さすが、魔都、上海のスケールのでかさでしょう。
スポンサーサイト
2006.05.25 Thu l 上海照片 l COM(2) TB(0) l top ▲
浦東の夜景

 この風景、一度は見たことがあるのではないでしょうか??。この風景は、黄浦江を挟んで、浦東新区を眺めたものです。左に見えている、独特の形をした塔が、「東方明珠塔」というテレビ塔です。そして、反対外に見える、大きなビルが、世界で三番目か四番目に高い「金茂ビル」です。上海といえば、必ず登場するこの地域は、私の今いるホテルからすぐ近くのところにあるのです!
金茂ビルをテレビ塔のてっぺんから撮影

東方明珠塔の展望台から、金茂ビルを撮影してみました。この写真は昨年撮ったものですが、実はこのビルの裏側に、現在、世界一高いビルを立てようとしています。まったく、中国人は何でも一番になりたがるもんですねえ。。。ちなみに、この夏公開のMI3に、ここらへんのビルから、トムクルーズがダイブしました。
外灘と浦西を眺める

 上海は、街の真ん中を黄浦江という川が流れていて、東西に分かれています。今、紹介する浦東(プードン)に対して、西側の旧市街が広がる地区が浦西(プーシー)と呼ばれるところです。次の写真は、浦西側の外灘(バンド)と呼ばれるところから、更に西側に広がる南京路付近を眺めたものです。
 さて、ここの上海の紹介も、随分と幅が広がってきました。
2006.05.25 Thu l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
海賊ビデオ屋

 上海の夜はまた一段と怪しいいい感じになっていて、こんな、海賊DVDショップが、堂々と看板を出して営業しています。店内には、古今東西、映画からアニメからドラマに至るまで、粒揃いの「違法」DVDが堂々と売られていて、日本からの旅行者や出張者が大量に買い込んでいきます。
 映画関係者の人には、たまったもんじゃないですけど。。。
この店は・・・美容院??

 ホテルまで戻る帰り道、夜中にやっている美容院を発見。美容院の前にある、「くるくる」の電動ポールが廻っていますが・・・店内の照明は何故か、ピンク色で、その奥に、怪しい半裸姿の女性が何人も。。。ここは、「美容院」ではなく、非合法の風俗店だったのです。あまりの怪しさと危険さに、行ったことはないのですが。。。
2006.05.24 Wed l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
タイムズスクエア

 現在泊まっている、中電大酒店から北側にすぐ行ったところに新上海商業城という、デパートや飲食店の入ったビルや家電量販店が軒を連ねる場所があり、買い物や食べ物には困りません(笑)
ヤオハン

日本でお馴染みの「ヤオハン」が、上海にあります。第一八佰伴は、地上一階から九階まである巨大なデパートです。一階のジュエリーショップには、1000元を軽く超える化粧品や宝石が処狭しと置かれ、洋服も300~600元前後と日本の相場と大差ありません。一ヶ月500元前後のサラリーの人が多くいる上海ではかなりな高級デパートですね。それだけ富裕層が多いのでしょう。
フードコート

 ヤオハンの向こう隣に、フードコートが最近オープンしました。カレーショップやマクドもあって願ったりかなったりですが、ここにシュークリームのビヤード・パパを見つけてびっくりしました。
ビヤードパパ

 興味があったんで、早速買ってみました。
 一個6元=80円程で、日本より割安、食べた感じは・・・かなり砂糖が入っているか、かなり甘い感じでした。
シュークリーム中国仕様

2006.05.24 Wed l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
ようこそ上海


 仕事で今日よりまず二週間、大阪から上海へやってきました。
 関空から出る上海行きは、JAL、ANA、China Airlines、中国東方航空、上海航空・・・沢山の航空会社が一日何往復もあって、空路は片道丁度2時間。搭乗までの手続きと、移動等で、5時間程で上海の目的地にはついてしまいます。

上海へ向かいます


 私は中国東方航空(MU)とJALの共同運航便に搭乗したのですが、のっけから、物凄い人の列。百人ほどの団体と便を共にしてしまい、チェックインに一時間もかかってしまいましたが、結局、飛行機も三十分近く遅れてしまい、搭乗までのひととき、欠伸しながら飛行機を待っておりました。

MU


 やっとのことで、飛行機に乗り込み、揺られること約二時間。機内食はそこそこに、うとうと眠りについたら、・・・気がつけばもう、眼下に中国大陸が広がり、着陸寸前の状況でした。
 上海浦東(プードン)国際空港に到着してからも、また、一苦労。
 ここの税関はとかく、めちゃくちゃ並ぶ、並ぶ。今回は特に、大型の旅客機が二台バッティングしたため、税関までには物凄い人の列が出来ていて、しかも、自然発生的に、ところどころで一列が突然二列になり、それらの列に更に人がスタックされるので、税関を通るまでに約一時間半は待ちました。こればかりは苦痛な時間でしたねー。ここらへんは、せっかちできっちりしている日本人とは違うところです。ようやく税関を抜け、荷物を取り、ゲートを抜けると・・・人、人、人。待ち人の中国人で溢れかえっています。ここはスリも多いと聞くので注意したほうがよいでしょう。
 幾つか、銀行のカウンターが並んでいて、ここで、日本円から元に替えることが出来ます。ホテルで替え金可能ですが、★の少ないホテルは、時間帯によっては出来なかったり、また、タクシー等使う場合は元が必要なので、替え金しておくとよいでしょう。但し、少ない額を両替しようとすると、25~50元程度の手数料が取られます。

浦東空港出口付近


 上海浦東国際空港は、上海の端の端、海側の水田地帯の上にあって、上海中心部とは、関空から大阪市外までの距離があります。そこまで行く手段としては、
① タクシーで目的地に直行
② 世界最速のリニアモーターカーで浦東の龍陽路(ロンヤンルー)まで行き、そこでタクシーか、地下鉄に乗り換える方法
③ 乗り合いのバスで目的地近くまで行く方法
 リニアモーターカーは是非乗りたいところですが、夕方5時までの営業であり、更に、上海中心部からかなり手前で下ろされることになります。そこからは、地下鉄2号線で上海中心部に直通することも可能ですが、大きな荷物を抱えているとタイヘンですし、更に、大きな荷物を持った客は、龍陽路駅のタクシーに乗車拒否されるっ。随分前ですけど、何回も乗車拒否されて、たいへんな目にあったので、それ以降は基本タクシーで行くことにしています。
 乗り合いバスで行くと、破格の安さで、上海中心部へ行くことも可能ですが、座れない可能性がある上に、物騒なので、タクシーが一番無難と思います。
 タクシー乗り場は、空港を出て、向かって右側に歩いた端の方にあります。

タクシー乗車


 タクシーのドライバーは、ほぼ100%日本語が理解できません。よって、行き先を地図か住所(中国語で)書いた紙を確実にドライバーに見せて、目的地到着後は「発票(ハーピャオ)」と言って領収書をもらい、お金を確認します。
上海のタクシーはいい車もありますが、ポンコツ車もあります。ドアは自分で開き乗車します。タクシーの運転手は★制度があり、ダッシュボート横の名刺の★の数でその運転手の技量が分かります。★なしはかなり無謀な運転をする新米ドライバー(毒)。私が乗ったのもこの★なしドライバーで、高速を爆走して、指示器なしで車線変更しまくるっ。更に携帯が何処で鳴ったかと思うと、いきなり両手をハンドルから離して、キョロキョロ見渡し、自分の携帯を見つけると、なんと、運転しながらメール打ってます。
中国語も分からないんで、注意も出来ず、途中何度か追突しそうになりながら、無事、ホテルに到着。もう、くったくたですよ。

爆走ドライバー

2006.05.23 Tue l 上海照片 l COM(0) TB(0) l top ▲
南翔饅頭店の小龍包

 さて、明日より上海へ行ってきます。上海編スタートの前に、上海で一番有名な小龍包のお店が心斎橋にあります。「南翔饅頭店」です。
 上海豫園にある「南翔饅頭店」本店は、開店から100年以上の歴史を持つ小籠包老舗の名店。それが、六本木ヒルズにオープンして一気に日本でも火がつきました。
 その日本版「南翔饅頭店」の小籠包が心斎橋でも食べれるのです。
食べ方

 ここでは、レンゲに小龍包を乗せて食べます。小龍包は食べると肉汁が一気にぶわっと出てくるのが楽しみなんですが、肉汁がこぼれ出してもレンゲにきちんと残ってくれるので、最後まで美味しくいただけます。ここで、黒酢を好みに入れていただきます。
飲茶セット

 ここでは、飲茶セットがおすすめ。中国茶と、小龍包と、ちまきにマンゴープリンがついて、千円前後。
 店に入ると、中国人の調理師の方が多数、小龍包を作っています。そんな上海の老舗の店の様子がここでは観られます。
店の様子


店名:南翔饅頭店 大阪心斎橋店
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-5-18 藤井ビル 1F
電話番号:06-6120-2185 
営業時間:11:30~23:30 無休
アクセス:
心斎橋六番出口を出て、心斎橋筋の商店街をなんば方面に歩く
 ヨーロッパ通りの手前にあります。


 来週日曜日は、元祖、上海の南翔饅頭店本店をご紹介!!
2006.05.20 Sat l 【たべもの】中・韓の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
宮武うどん

 今回のさぬきうどんの最後に行った店が「宮武うどん」。ここのうどんは、とにかくコシがあって、というか、ありすぎで、ちょっとした衝撃を得ます。ガムのようなコシのあるうどんと、ざく切りの不揃いの麺は何処となく「これぞ手打ち」の感じがします。
 というのも、ここの主人、あの「どっちの料理ショー」で麺を提供したとか。
店の様子

 お店は、家族経営で、店も一見ただの民家。しかしそんな民家にズラリと並ぶさぬきうどんマニアな人達の列は、またちょっとした面白さがありますねえ。
「宮武」店舗の様子


店名:宮武うどん
住所:香川県仲多度郡琴平町上櫛梨1050-3
電話:0877-75-0576
営業時間:
AM 9:00~PM 3:00
水曜日、祝祭日休み
2006.05.20 Sat l 【たべもの】麺の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
がもうのうどん

 特大のちくわあげか、特大きつね。ほどよい硬さの残る「がもう」のうどんです。
 ここのロケーションは格別で、目の前に山、そして麦畑。そんな讃岐の田舎に知る人ぞ知るさぬきうどんの名店がありました。
 家族経営で、ちゃきちゃきと手際よく客をさばいて、かけうどんか、ひやしうどんを出してくれます。
店内の様子

 店内は、テーブルひとつと、奥の製麺する小部屋に強引に置いた椅子に腰掛けてあわただしく食べる感じ。それでも客は途切れなくて、外で食べている人が殆どでした。
店の様子

 
店名;がもう
住所:香川県坂出市加茂町420-3
電話番号:8:30~14:00 土日祝は13:00迄
  日曜、第3月曜定休
  麺がなくなり次第終了
ポイント:
山頂に切り立った岩が見えるこの山が目印
目印

 実際は、国道11号線から細い路地を入っていったところにあるので、カーナビを使うか、よく調べてからいくとよい。25台収納の割と広めの駐車場も完備。
2006.05.16 Tue l 【たべもの】麺の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
山越うどんのかまたま

さぬきうどんのブームで、「かまたま」もすっかり全国区になりました。かまたま=釜玉、釜あげ卵うどんの略です。その発祥のお店が、「山越うどん」です。最初はお客さんが卵を持参して入れていたことから、自然とこの店の定番メニューになり、そして、いつしか口コミで一気に火がつきました。
 茹で立てのうどんに生卵を割って入れ、かき混ぜてから、この店秘伝の濃い口ダシを絡ませて食べる方法です。
 当日は雨が降っていたにも関わらず、大勢の人がお店をぐるりと取り囲むように並んでいました。
山越うどん店

 店内にようやく入ると、まずは、おかみさんが手際よくお皿にうどんを盛りつけながら、次から次へと注文していきます。それも五人くらい先までうどん何玉?メニューは?全て記憶して、裁いているのです。まさに職人芸。
おかみさん

 ここで、「かまたまふたたま」頼むと、釜玉のうどん二玉が入ります。「かまたまやまふたたま」頼むと、更に山いものとろろが入ります。ごろがいいか、早口ことばですなー。
 さぬきうどん流の太めのコシのあるうどんです。スパゲッティ・カルボナーラ状のまろやかな感じがまたたまりません。美味いっ!!
食べるところ

最初は通路や庭に椅子を並べ食べていたが、増え続けるお客さんに対応するため、遂にとなりの田んぼをつぶして、庭園風の中庭を作り、そこで食べてもらえるようになりました。嬉しい限りじゃありませんか!
店の端には、お土産屋さんもあります!。
 できれば、お店オリジナルの生麺とダシを買って食べたいものです。4人前+だし、占めて700円程。たまりませんなあ。

店名:山越うどん
住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
電話:087-878-0420
営業時間:
9;00~13:30 日曜休日
ポイント:
さぬきうどんの鉄則だが、どの店も午前中が勝負。
 製麺所、家族経営が主の店は殆ど、午後を廻ると店をたたんでしまう。人気店は麺がなくなり次第、閉店時間待たず閉めてしまうとこも。
山越は、駐車場がいくつかあり、最寄の駅からは遠く、車で来るのがベスト。国道377号線を琴平に向かって進み、県道185号線と合流する交差点(羽床上)を左折。少し細い路地を少し入るとある。

山越うどん地図

2006.05.14 Sun l 【たべもの】麺の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
高級スプーン

 高級スプーンです。
 誰がなんと言おうと、高級スプーンなんです。
高級スプーンの正体

 ただの、アイスを食うときの木のへらだという貴方。
 駄目ですねー。この何処にでもありそうな高級感、気品漂う流線型をしたボディ。
 まさしく、ただの「高級スプーン」なんです。
2006.05.12 Fri l その他の記事 l COM(0) TB(0) l top ▲
アンジェリカ・ノートルダムの大聖堂

 上の写真は、家のすぐ近くから撮ったものです。
 何やら、家のすぐ近くに突然、場違いの大聖堂が忽然と建設されて、こんなところにラブホはねえだろ・・・と思っていたら、なんとまあ、結婚式場でした。ということで、今年三月にオープンしたばかりの結婚式場「アンジェリカ・ノートルダム」のご紹介。
 ノートルダム大聖堂をイメージする、というか、真似た、ここの結婚式場はかつては、オートバックスが建っていて、老朽化したマンションがずらっと建っていました。それらが尽く壊されて平地になって、何が建つんだろうと期待していたら、期待以上のものが建ちました。
 すぐ近くには、サンパレスというまた違う結婚式場があって、「深井」という小さな街に、二つも結婚式場が乱立する異常事態。それでも、我が街の民家の間に、場違いに建つこの結婚式場は何やら、見てるだけで楽しくなってしまいます。
 中は入ったことがないので分かりませんが、かなり広く、こじんまりと二人だけの結婚式を行うのに向いているみたいです。この六月には結婚するという初々しいカップルの書き込みも微笑ましい限り。
 「深井」に立ち寄った際は、この場違いな大聖堂を、一度、ご鑑賞ください。
中はこんなにひろい。


ANGELICA  NOTREcAME
(アンジェリカ・ノートルダム)
住所:大阪府堺市中区深井清水町1351-3
アクセス: 泉北1号線沿いを、深井方面にバイパスの沿道に入ってしばらく走ると現れる。泉北高速鉄道深井駅から北へ4分。
2006.05.10 Wed l お気に入り遊び場 l COM(0) TB(0) l top ▲
はり重カレーショップ

 創業80年、どこか懐かしい家庭のカレーライスが食べられる、はり重カレーショップの紹介です。はり重と言えば、大阪人には名の知れた、道頓堀横の精肉店で、超高級すき焼きのお店でもありますが、すき焼きはちょっと高くて手が出せなくても、カレーならお求めやすいお値段で、おいしくいただけます。
 個人的には、もうひとつ肉をたっぷり入れていただきたいところですが、カレーはまろやかで、懐かしい家庭の王道カレーです。私はここではよく、ビーフカツカレーをいただきますが、「ビーフワン」というカツ丼はとても人気があり、甘辛のダシが利いて結構やみつきになります。
ビーフカツカレー


店名:はり重カレーショップ
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-17
電話:06-6213-4736
営業時間:
11:00~20:40 火曜日休日
アクセス:
道頓堀橋、松竹座横、「はり重」の向かい。
 地下鉄なんば駅から徒歩5分、予算800円前後。


はり重カレーショップ所在

2006.05.10 Wed l 【たべもの】カレーなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
えんじゅ看板

それは、入社当時よりお世話になっている私の会社のすぐ近く(というか、目の前)にある、小粋な創作料理屋「槐(えんじゅ)」のご紹介です。
 一見、普通の民家っぽい作りの店ですが、中に入ると、カウンターと三つの座席、奥に10名程入るといっぱいになる部屋の間取りのこじんまりとした創作料理屋ですが、お酒の量が豊富で、かなり美味しい一品料理が揃うお店です。
えんじゅカウンター

 カウンターには、大皿に数多くの「おそうざい」が盛り付けられていて、まずはお通しに、その「おそうざい」の中から、おかみさんの「気分次第?」のおそうざいのお通しを頂きます。
パリパリサラダ

 私が必ず注文する、極細ポテトを揚げたパリパリサラダ。食感がたまらなく癖になります。これは一気になくなります。
京野菜茶漬け

 そして、もうひとつ、京野菜茶漬けセット。昔はデイリーメニューに極たまに用意されるレアなメニューだったのですが、最近、レギュラーメニューに昇格。この店に行くと必ずと言っていいほど注文します。
 最後にこのお店では、帰り際に手作りアイスクリームをくれるのが「慣わし」。長岡京駅までの徒歩での帰り、槐(えんじゅ)のアイス片手に同じ会社の人達に紛れて帰るのはかなり恥ずかしいところです(笑)

店名:槐(えんじゅ)
住所:京都府長岡京市神足芝本18-4
電話:075-954-4643
営業時間:
AM11:30~PM2:00
PM5:00~PM11:00 日・祝は休み。
アクセス:
JR長岡京駅南改札(村田製作所ビルのあるほう)を出、松下電器の工場に向かって歩く。小畑川を超え、グランドと反対側の川から数えて4軒向こうがお店。一見、普通の民家っぽいので要注意。
2006.05.09 Tue l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
LIMIT OF LOVE 海猿

 2006年初夏、二大海洋事故映画が上映されます。
 で、今日見てきたのが昨日封切られた映画「LIMIT OF LOVE 海猿」、通称:海猿完結編です。一昨年の丁度今頃、佐藤秀峰原作の同名の漫画が映画化され、昨年はドラマ化されました。その続編ですが、これまでは、海上保安庁の新米潜水士の成長と、デザイナーを目指す女性との恋愛を軸に描かれた人間ドラマでしたが、今回は、鹿児島県沖で発生した大型客船の衝突事故をメインとした、救命士の血湧き肉踊るスリリングな内容になっています。勿論、これで終わりかな・・・と思いきや、いやいやそれは問屋が降ろさぬという、アップダウンの展開に、2時間10分一気に見入りました。いや、今年一番良かった映画でした。
 鹿児島沖で大型客船がタンカーと衝突する事故が発生。全員救助したはずだったが、主人公となる救命士と仲間の救命士、過去に曰くを残すちょい悪兄貴と、妊婦の女性が沈み行く船内に取り残された。床下は水没し、上は火の海。文字通りの絶体絶命の中、生還をただ祈るだけのフィアンセ。さて、無事に生還できるのか・・・。
 「踊る大捜査線」の終盤の演出を全面に出したような(Robot製作なんで、多分そうなんでしょうけど(笑))、日本人にはとてもハマる感動とアクションが用意されていました。前評判はとても良く、60億超を超す大ヒット作になること間違いなしです。

ポセイドン

 さて、冒頭で、「二大」海洋事故映画が上映されるといいましたが、もう一本私が大変観たい映画が控えています。それが「ポセイドン」です。
 1972年上映された名作「ポセイドン・アドベンチャー」を34年振りにリメイクした映画です。こちらも超豪華客船が沈没する物語です。しかし、「海猿」も「タイタニック」も沈み行く船の中でドラマがありましたが、「ポセイドン」は奇想天外。超巨大豪華客船が巨大津波を受け、転覆。海底深く上下さかさまに沈んだ状態から話がスタートするのです。そこに取り残された大勢の人々の裏切り、策略、愛、自己犠牲、信頼、知恵が入り混じり生き残るための「究極の選択」を余儀なくされます。
 最近のCG映画はとかく、リアルすぎて怖いです。
 去年「宇宙戦争」を観ましたが、地底深くからトライポットに乗った宇宙人が突然街を破壊しながら現れるシーンなぞ、ありえないとはわかっていても、あの時はマジびびりましたね。本物じゃないかって。
 「ポセイドン」もそれを上回る、ハイクオリティな体感型パニックムービーとなっているため、ちょいと覚悟決めて行くとよろしいのではないでしょうか~(笑)
2006.05.07 Sun l 【映画】レビュー l COM(0) TB(2) l top ▲
たこ焼き やまちゃん

 大阪はラヂオ焼きで始まったたこ焼きですが、今では、道頓堀付近にたこ焼きのうまいもの屋が軒を連ね、激戦区となっています。
 しかし、天王寺の路地を入ったところに一軒、有名なたこ焼き屋を発見しました。たこ焼き やまちゃんです。ここのたこ焼きの生地には、4時間程煮込んだ特製のスープが入っていて、ベスト(ソースも、マヨネーズもつけない)で食べるのが「通」。6コ240円から受け付けていて、近鉄百貨店横の路地の片隅で食べるのがちとばかしの「名物」になっています。
たこやき(ベスト)


店名:たこ焼き やまちゃん(本店)
住所:大阪市阿倍野区阿倍野1-2-34
電話:06-6622-5307
営業時間:
平日/11:00~23:00
日祝/11:00~22:00 (第3木曜日 定休)
アクセス:
近鉄百貨店裏、あべのFOOP隣。路地沿いに有り、人だかりが出来ているのですぐに見つかる。路地奥には2号店があり、そこでは座って食べることも出来る。
たこ焼き やまちゃんマップ

2006.05.07 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲
奥水間アスレチックスポーツ

 昨日のこどもの日は抜群の天気で、弟家族とうちの家族の合同で恒例のバーベキューへと行って来ました。奥水間アスレチックスポーツで、阪和道貝塚ICを降り、水間を抜けてすぐの場所にある、とても交通至便のよい場所にあります。
 敷地面積はかなり大きく、中央に清流が流れ、河原でバーベキューが出来ます。うちらも前日から買い込んだバーベキューセット&食材を河原にどーんと開いて、おもいっきりアウトドアを満喫したのです。
バーベキューの様子

 子供らは目の前で川遊びしている間、二台のコンロをフル活用してバーベキューの準備。まず、土鍋でごはんを炊いてみました。飯盒で炊くよりはよっぽど美味かったです。緑に囲まれ川も近いということもあり、夏日だったこの日でしたが、少しひんやりとした良き風が吹いてとても気持ちがよく、抜群のコンディションでした。
 ここは、バーベキュー、川遊び、にじます釣り、フィールドアスレチックがコンパクトにまとめられ、非常に良いのですが、特にフィールドアスレチックは、老朽化が目立ち、一部危険な箇所があったので少し注意したいところです。全36あるアスレチックを、弟の子供たちと廻ったらもう、汗びっしょりでした。。。
フィールドアスレチック


あそび処: 奥水間アスレチックスポーツ
料金: 駐車料金 無料、大人800円/名、子供600円/名
 にじます釣り、バーベキュー貸し出し他、
 バンガローの宿泊施設、パットゴルフ場など多数サービス有。
アクセス:
阪和道貝塚IC降りて、水間方面へ10分程で着く。看板あり。
攻略法:
駐車場は多数あるが、休日はすぐ満車となる。バーベキューの貸し出しもあるが基本的に高い感じがするため、持ち込んだ方がよいかも。また、施設内は広いが、河原近くを確保したいならば、朝早く(9時前後)に狙うとよい。施設はかなり古くからあるようで、老朽化が目立つ。アスレチックは途中ボルトが抜けていたりと危険な箇所もあり、整備を望みたい。
奥水間フィールドアスレチック地図

2006.05.06 Sat l お気に入り遊び場 l COM(1) TB(0) l top ▲
皆美 店の様子

 「夜景の綺麗」な、「純和食」を食べられる場所が梅田にありました。皆美 大阪店です。島根県の宍道湖畔にある老舗旅館「皆美館」が出店したもので、看板料理の「鯛めし」は江戸時代から続く料理だそうです。
 といっても、ここの「鯛めし」は、「鯛のだし茶漬け」と言えばいいかもしれません。お茶漬けと言えば、私の追求している美味なるテーマのひとつであり、そこから、この店がヒットしたのですが、何より、阪急グランドビルの地上28階からの景色を独り占めしながら、お茶漬けを頂く贅沢さがたまりません。
 店員の方は、旅館のおかみさんのような暖かさで、まるで旅館に来たみたいなおもてなしをしていただけます。
 昼間は「鯛めし」だけのセットがあり、夜は会席セットが中心となります。「鯛めし」の鯛は、裏ごしした鯛のすり身で、卵、葱などをトッピングして提供されます。秘伝のだしと、おひつご飯はおかわり自由なので、ごはん党には涙モノです。
 デートコースに夜景を求め、お店選びに困っているなら、フレンチでもバーでも中華でもない、純和食のこの店をお勧めします。
鯛めし付の会席セット


店名 皆美
住所 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル28F
電話 06-6315-7770
営業時間
 11:00~21:30(L.O.21:00) 阪急32番街の営業による。
アクセス、ポイント
 阪急32番街、阪急グランドビル28Fのフロアに店はある。
 年配の方に人気は高く、いつも店は混んでいるため、夜景の見える窓際を狙うならば、食事の時間帯をずらすか、事前予約をしておくとよい。予算は平均3000円~5000円程。HEPの観覧車より高い位置から夜景がゆっくり鑑賞できるのもこの店の特徴。
2006.05.04 Thu l 【たべもの】和の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲
ボンベイキッチン

 一昨年の夏、カレーを食べ飽きた頃に、インド料理を食べに行くきっかけがあり、そこで初めて「ナンカレー」というのを食べました。
 ナンはご存知、インド料理の定番のパンであり、熱した細長い釜に薄長く伸ばしたパン生地を貼り付け焼いた、ひょうたん型のパンです。セットにはチキンカレーと野菜カレーがついて、ナンを少し千切り、カレーに浸けて食べます。その他、タンドリーチキン、シシカバブ、野菜サモサなどインドの有名料理が1セットになって提供されます。
インドカレーのセット

 お店は全員インド人で、電話予約したら片言の日本語が返ってきました。内装はインド風で御香がたかれ、神妙な感じがします。一見提供された時は、意外と少なそうに見えるセットですが、一品一品がしっかりとした味付けの料理で、辛いため、相当ボリュームがあります。

店名 ボンベイキッチン心斎橋
住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-1 コスミビル1F
電話 06-6245-9495
営業時間 
  11:00~15:00(L.O.14:30)
  17:00~23:00(L.O.22:30)、年始以外は無休
アクセス
 地下鉄御堂筋線心斎橋駅6番出口、徒歩3分。
 本町にも姉妹店がある。

ボンベイキッチン 地図

2006.05.04 Thu l 【たべもの】カレーなる美食 l COM(3) TB(0) l top ▲
金の穂銀の水 看板

 前々からアイデアはあったのですが、何故に「お茶漬け」だけのお店が大阪には少ないのか。東京ではお茶漬けバーが数年前に話題になって、宴会の後の「〆」にはやはり、「お茶漬け」だという私なりのこだわりがあります。
 私の第二の故郷でもある高槻で、昨年お茶漬け専門のお店がオープンしているのを偶然発見し、ようやく行くことができました。それが「金の穂銀の水」です。
 京だしのお茶漬けで、メニューは豊富。お酒も充実していて、願い通りの「お茶漬けバー」。店の内装も落ち着いていて女性でも気軽に入ることができます。また、深夜2時まで開いているので、お酒の後の「〆」に格好のお店です。
 私は、「旬のもの」3種類(えび三昧、かに三昧、たら三昧)をいただきました。
金の穂銀の水 旬のもの

 お茶碗半盛程度のごはんに、お茶漬けの「おとも」をトッピング。だしをかけて頂きます。セットは、3種類のお茶漬けが楽しめ、3碗別々に出してくれます。もちろん、1碗のメニューも揃い、女性でも大丈夫。高槻の夜の〆には、ぜひ寄っときたいですね~☆

店名 金の穂銀の水
住所 大阪府高槻市高槻町3-4 三精ビル3号館1F
電話 072-686-0066
営業時間 
  11:00~24:00(日曜~木曜)
  11:00~am2:00(金・土曜)
予算 1000~2000円

アクセス
 JR高槻駅降りて、松阪屋に向かい陸橋を超え、ミスタードーナツ、松屋などが並ぶ筋を左折してすぐ。店内はカウンターのみ(前はおすし屋でした)10名程で、電話予約してから行くとよい。

金の穂銀の水 地図

2006.05.04 Thu l 【たべもの】和の美食 l COM(2) TB(0) l top ▲
名月亭 店の様子

 一昨年の夏、カレーにどっぷりはまった時期があって、カレーのうまいもの屋を知人伝てで聞き、通い始めた店が、南欧カレー名月亭です。
 ここのカレーの特徴は、盛り付け方にあり、カレーとライスを同時に盛る場合は、左にライス、右にカレーなんですが、ここでは、中央にライス、そして周りがカレーという、フランス料理っぽい盛り付けで、各種カレーは独特の飾りつけをしていて、まず目で楽しませてくれます。 そして、ここのライスは、サフランライス!。サフランライスでカレーを提供してくれるお店はそう知らないのですが、カレーと良く合います。
名月カレー

 ここでは、「名月カレー」をいただきました。
 「名月カレー」はベーコンエッグが中央にどーんと乗ったカレーで、色とりどりの野菜を細切れにして散らした感じは、南欧風の「えきぞちっく?」な感じがしませんか??
 全体的にボリュームがあります。じっくり仕込まれたルーにはかなり深みがあり、この界隈では知る人ぞ知る人気店です。

店名 南欧カレー 名月亭
住所 大阪府大阪市西区北堀江3-10-22 シティライフ有萬1F
電話 06-6539-6684
営業時間
 11:00~15:00、17:00~(L.O.22:00)、
 土日祝11:00~(L.O.22:00)、不定休

アクセス
 地下鉄千日前線(長堀・鶴見緑地線)西長堀駅2番出口あがって
 すぐ。鰹座橋交差点を南に少し入ったところ。

名月亭 地図

2006.05.04 Thu l 【たべもの】カレーなる美食 l COM(1) TB(0) l top ▲

炭火焼肉 あぐら



 
 大阪で一番うまい焼肉は?という話題になって、後輩に紹介されて行ったのが、堺筋本町近くの焼肉屋「炭火焼肉あぐら」です。大阪で一番うまいというのは、食べ物屋さんガイドのアンケートで、鶴橋の名だたる焼肉店を抑え、堂々の第一位になったらしく、よほど美味しいのだろうと思い、早速昨年末に行ってきました。
 まず、この店では「タレ派」な方はちょいと肩身がせまいかもです。というのも、ここで出される肉は全て「塩」でいただくこそ「通」なのです。つまり、店主が肉質に特にこだわりがあり、肉の味を素直に伝えることが出来る「塩」で召し上がっていただきたいという強い思いがあるとか。で、早速「塩」でいただいてみたら、かなり美味い!。それでいて、割とリーズナブル。塩で焼くため、タレが跳ねて衣類につく心配もなく、また、割りにヘルシーなため、「塩」派な女性にはドンピシャなお店だと思います。こんな肉が出てきます。おいしそうでしょう?



あぐらの「塩」焼き肉


「炭火焼肉あぐら」へは、地下鉄堺筋本町駅4番出口を出て、阪神高速の高架沿に、谷町四丁目方面へと歩きます。やがて、松屋町筋との交差点「農人橋」に出るので陸橋を渡って左折。一つ目の筋のガソリンスタンドを右に折れた筋のすぐにあります。


店名 炭火焼肉 あぐら
住所 大阪府大阪市中央区常盤町2-4-9
電話 06-6943-0029
営業時間 17:00~23:00

 約4000~6000円程の予算。
 一階と二階に店があるが、連日ほぼ満席のため、事前に予約してから行くといい。
あぐら地図

2006.05.04 Thu l 【たべもの】★★★★★の店 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。