上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★★(4.0P)

金の穂・銀の水


 やったー、遂に大型連休☆。
 私的には、様々なイベントを抱えて突入した黄金週間。
 この四月、ブログもロクに更新できぬほどクソ忙しい毎日を乗り越え、山積みの仕事は休み明けに先送りして、待ちに待った日々でございます。

 さて、先日の高槻での飲み会の折、帰りに「必ず」立ち寄るは、「金の穂銀の水」という、京風の出汁茶漬けのお店。

店内の様子


 阪急高槻と、JR高槻に続く細い商店の路地の続く中にそのお店はあります。その前は廻さない寿司屋だったのが、お茶漬けの店に変わっていたのを見つけたは、今から一年前。それ以来、高槻=お茶漬けになってしまったほど、よく行くお店になってしまい。。
 店内は、10名ほどしか入れないカウンターのみのお店。
 しかし、そのお茶漬けのメニューはメチャ豊富。

鯛のダシ茶漬け


 鯛のだし茶漬けのみを注文。
 しかし、主人は気さくにおもてなし。
 これでいて400円は安いっ。ご飯は少しかためでも、こんぶダシと絡まれば美味さ倍増。何より、お手軽なお茶漬けが、このリーズナブルな値段でサクッといただけるのが、よろし。

なんと、なんばParksに。


 で、この記事はここだけで留まりませぬ。

 高槻にワザワザお茶漬け食べには・・・と。確かに、高槻という場所は京都と大阪の中間には位置しながら、意外と行く機会のない場所。しかし、ご安心の程。この程拡張された、なんばParksの6階のレストラン街にも、このお店、出店していました。

 で、勿論食べ歩いてまいりましたよ。

三種茶漬け

 海鮮物のお茶漬けから、選り取り1品。
 肉のお茶漬けの変り種から、選り取り1品。
 あっさり目のお茶漬けから、選り取り1品。
 小鉢がついて、1200円。

 さて、これが高いと取るか、安いと取るか。
 たかが茶漬け、されど茶漬け。
 私は予感していた!。大阪にもお茶漬けのムーブメントは必ずやってくるっと!。そんなごはん党の私が、小腹が空いた時にはオススメのお店を紹介してしまいましたとさ。
スポンサーサイト
2007.04.29 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

中村屋のコロッケ

 日本一長い天神橋筋商店街。
 地下鉄南森町降りて、すぐのところに、コロッケの老舗があります。
 「中村屋」の名物コロッケ。
どんどん揚げます

 店奥の工場で作られたコロッケを、店頭のフライヤーでガンガン揚げて、飛ぶように売れていく「中村屋」コロッケ。今日も長蛇の列が出来る中、お客さんは、一人何と20個も、30個も半端じゃないほどの数のコロッケを買って行きます。
 だから、揚げる主も必死。
 ここに紛れてうちも、8個ほど注文。うち、ひとつはその場で食べるといいました。

揚げたてコロッケ

 揚げたてコロッケを一口頬張る。
 まず、激熱で舌が火傷しそうになるほど。しかし、ほんのり甘い昔ながらのコロッケの味が。外のパリサク感が絶妙。これで60円。大阪天満宮へお参りする時、これでもつまみながら、商店街をぶらり歩くもいとおかしな、ことではないではござりませぬか。

コイバースデー

 買ったコロッケは、その後、バートリックに持ち運んで、マジシャン水沢克也君はじめ、愉快なトリックマジシャン達と食べました。
 そういえば、今日は先月からか、チーフに昇格した、ピュアな汚れなきマジシャン?コイちゃんのバースディでもありましたか。オール新ネタ、ちょいキビシメののりっくの視線と、オーナーロミオ氏と、オープニングでグダついた空気の中、何とか演じきりました。エライ。

 そういえば、コイちゃん、このバースディの前に、スナフキンマジシャン、上峠君原作、脚本、演出のドッキリにまんまと引っかかって、お涙したピュアないい奴です。
 マジシャン水沢君が内輪モメに本気でキレて、コイちゃんに詰め寄るという笑えないような状況下、何と「ドッキリ」のプラカードを下げて、出てきてバースディを祝ったという経緯。泣くのもまー、しゃーないわな。

 そんな、悪戯も程が過ぎるところもありましょうが、相変わらず愉快な連中が巣食うバーであります。今度「気になるオセロ」という在阪のローカル番組に、16秒間くらい宣伝されるそうです。

 ちなみに、トリックのイベントとして、
 4/28夜 ロミオ・ロドリゲス・Jrの新作マジックショー
 4/29昼 バートリックのサークル開催
です。
2007.04.22 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に入り度】★★★(3.0P)

 焼肉の街、鶴橋

 焼肉の街、鶴橋。
 そこは、近鉄線を降りると既に焼肉の匂漂う処。
 細い路地に、在日コリアン系の焼肉店が数珠繋ぎで並んで、
 呼び込みが激しい活気のあるところです。

肉、にく、niku

 ショーウインドーに並ぶ、肉、ニク、Niku。
 ニクニクしい程食欲そそるニクの共演。
 キンニク、ニクニク、ニクじゅうはち。

今日はここに焼肉る。

 今日は、ここ「牛一」で肉を頬張ることにしました。お決まりの「魔法のレストラン」の写真と、色紙もデカデカと飾られております。

ニクの共演

 もー、これはお肉のIT革命やー。
お肉の三重奏

 もー、これはお肉の文明開化やー。

 「鶴一」でも「牛一」でも「●●」でも、にくいほどニクはいい。
 肉は美味いが、単価は高い。
 三名で、約三万。つまり、一人一万円程。ひゃー。
 というわけで、今日はちょっと節約しようと思うのりっくです。

 ちなみに、鶴橋はコリアンタウンで有名でキムチは絶品。
 焼肉は韓国式が多く、在日韓国人の方が営業されています。
 タレは、甘辛タレがベース。これに馴染めない方もいるかも。

 どのお店も、八千円~一万円以上の予算で挑みませう。
2007.04.21 Sat l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

ベレール


 お昼は何を?。
 私は何、いつもの三点セット。

 ミルクフランス
 カレーパン
 メロンパン

 ミニフランスパンに、甘いクリームをサンドイッチ
 揚げたて感ある、べとつかないカレーパン
 パリっとした生地と、中はふんわりのメロンパン

 いろんなお気に入りがあるかと思いますが、
 私は行き道にある、大和小泉駅前のベーカリーショップ「ベレール」で買出しに。

三点セット


 フライものと、うどんばかりの昼食に飽きるこのごろ、
 パンでも挟まないと、気がすまなくなるのさ。
2007.04.20 Fri l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p★★★★★ 5.0p

(前記事「三津寺に注目せよ!」から再録しました)

からふく


 「幸福」ではありません。「辛福」と書いて、「からふく」の辛福麺。1stコンタクトは、やけに熱くて辛い麺に悪戦苦闘しながら食べましたが、2ndコンタクトは、その美味さの真髄の出会い。★ひとつ加えて、5ヶ月振りの★5の店との出会い!、そして、麺モノ初の★5到達。

 溶き玉子と、ヒリつく辛さの麺との「ハンマーセッション」。
 カロリー1/2のそば粉を用いた健康的なラーメン。
 スープとご飯を絡めて、クッパ風セッション。
 辛さが∞(無限大)に調節可能。

 まさに、様々な食べ方を楽しめる、美味い麺処です。

辛福(からふく)麺


 辛さは、1カラより、50カラくらいまで設定可能。
 しかし3カラで既に、濃厚な辛さが込上げる真っ赤なラーメンです。
 否!、ラーメンではなく、韓国麺。
 否!、冷麺ではなく、ラーメン???
 麺の食感は紛れもなく、冷麺。そしてスープはチゲ鍋。
 一緒に出されるレンゲは、通常の2倍以上の大きさで、何故こんなにでかいのかと思えば、ご飯を買って、そこにご飯を入れてスープに浸せば・・・なんと雑炊に。
 ラーメンというか、韓国風チゲ鍋冷麺といった感じ。
 しかし、ひりつく辛さは病みつきになるかも。一気に汗が噴出して、新陳代謝倍増にて候。しかし、カロリーは通常のラーメンの半分程度とあらば、女性も来たりし候。

 元は、宮崎にありして、大阪難波は、三ツ寺の通りに店を構え、宮崎以外はお店はここだけとのこと。ジャパニーズ・ホット・スパイシー・ぬーどるの真髄をココに、知らしめるがいいー。
2007.04.19 Thu l 【たべもの】★★★★★の店 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

kirara


 ちょっと気になる人と二人っきりになりたい方。
 自分の時間に、都会の人混み避けた静かな空間へ行きたい方。
 お洒落で静かなカフェをお求めの方。

 いいトコあります!。
 西梅田の明治安田生命ビルの地下、大阪ガーデンパレス中にある、カフェレストラン「kirara」です。

店外の様子


 週末は、ウエディングパーティの予約目白押しのこのお店。西梅田の静かなビル街に隠れ家的に位置し、東梅田の雑多な喧騒を掻き消す、実にお洒落で静かな空間が待っています。

 特に、目の前一面に流るる、静かな「滝」。水の音が心地よく。
 夏場は、ここらへんは気温三度は違います。まさに憩いの場。
 梅田で落ち着いた場所を求めるなら、やはり西梅田でしょう。ここらへんは、梅田の喧騒が一切ない、不思議な空間があるのです。

テラス


 ウッドデッキのテラスは、予約がなければカフェとして楽しめます。
 予約をすれば、パーティ会場として貸切可能。ウエディング、歓送迎会にと、多種多彩のイベントが楽しめます。実のところ、ここがオープンしたてから知っていたのですが、自分が「幹事」になったら、いつかは使ってやろうと画策したり。そんなスポットを今宵御紹介致しました。

気になるお味は?


 して、気になるその「お味」と言えば――。

 スイーツは、なかなかいけます。
 お酒の種類、特にワインが豊富。ワインバーとして、優雅な自適空間を味わえるかも。梅田の手狭な駅前カフェに比べると、断然に居心地よく羽を伸ばせる自分になれると思います。

 お試しあそばせ。
2007.04.17 Tue l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

shijan


 久々に梅田のうまいもの屋巡り。

 とは言っても、ココ最近お疲れの様子で、なかなか、人混みの中を避けたがる身体が、西梅田へと誘ってくれました。

 大阪・梅田は、自分では東梅田と西梅田と区別しています。
 梅田の食べ物屋、歓楽街と言えば、阪急梅田、東通商店街を中心とする「東梅田」に集中します。勿論、未発掘の店がわんさかとあるのですが、週末には物凄い人混みが。。。飲んで騒いで楽しくワイワイとするなら、この辺りですが、静かな空間を求めるカップルや、何がしな方には、対照的な「西梅田」オススメです。

 「ベッタベタの大阪」東梅田と対照的に、「お洒落」な西梅田。
 ブランド品と劇団四季の舞台がある、ハービスENTの地下は、実のところ知る人ぞ知る「名店」揃いの魅惑エリア。

 その中より、今日は韓国料理「shijan(市場)」を紹介。

まずはユッケ

韓国風揚げ春巻き


 お洒落な「韓国料理」屋。
 種類豊富なお酒と、そして、多彩な韓国料理で裏表なしのおもてなし。テーブルに紅い食欲のそそる彩りが咲きます。

 疲れた身体にはやはり、辛いものを。汗をかきかき、熱いチゲ鍋を食べるも良し、サムゲタンもいいですが、やっぱりクッパ大王ですよ。
海老の入ったクッパ大王


 しかし、主食はやはり「鍋」がいいです。
 チゲ鍋もいいですが、ここは「韓国風すき焼き」はいかが?。
 黒毛和牛のチョンゴルです。
黒毛和牛のチョンゴル


 帽子をひっくり返したような独特の「縁つき」の鍋に、美味そうな黒部和牛の薄切り肉が、甘辛い割下に浸かっています。その上には色々な鍋の具材が並びます。それを次々に鍋の中へと放り込み、玉子と絡めていただきます。
 日本のすき焼きと、そう大差ないですが、これはこれは美味。。
 贅沢ですな。
 お店は間接照明でムーディ。そんな中、韓国の鍋をつついては、話も弾むことでしょう。

 西梅田は、何を隠そう、とにかく人が居ない!!
 故に、ゆるりと時間を過すことが出来ます。夜は、ビル街の街路樹にイルミが灯ってなんだか誰かと過すための特別な空間を演出。
 意外に見直すべき要素たっぷり詰まった魅惑の空間なんです。

 次回は、西梅田でもう一軒、カフェレストランを紹介です。
2007.04.16 Mon l 【たべもの】中・韓の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
【お気に度数】★★★ 3.0p

冨紗屋

 「○△□焼き」と書いて、マンダラ焼きとか言うそうな。

 ココ最近、週末すら仕事に追いまくられて、ロクにブログを更新できていないのりっくですが、食べ物だけは喰いタンしています。
 谷六といえば、ハンバーグの「もなみ」が有名で、行列が出来ていたのですが、反対側の商店街を西に向かってずっと歩いていったところに、粉モノの有名店があります。「冨紗屋(ふさや)」です。

 名物の豚肉ともやしいっぱいの鍋

 ここの名物店長は、引退されたらしく、息子さんが切盛りしていました。不慣れに忙しそうにしていて、たまにオーダーが間違ったりと手際悪かったのですが、ここでは単品ではなく、コースを堪能。

 先代から続くコース料理で、お好み焼きフルコースです。

 キムチ焼きそばのあとは、豚肉ともやし沢山の鍋が登場。何故か、お好み焼き屋に「鍋」です。ポン酢で頂きますが、疲れにはいいですね。その後、実に多種多彩なお好み焼きが登場で。。。

もちとチーズのお好みとか

お好み磯辺焼きとか

お好み焼きお吸い物まで。。。


 試合開始から、全球変化球勝負です。
 お好み焼きフルコースとは言えど、これが、お好み焼きか??と疑いたくなるものばかり。一つ一つはそこそこ美味しいのですが、如何せん、相当なボリューム。最後の玉子で包んだお好みまで辿りつくには一苦労かと。。
 フルコースのデラックス版では、更にメニュー数が増えるみたいで、、なかなか、小食な方にはハードかもです。

芋っこアイス


 そんな最後の〆は(自分はお腹が爆発しそうで食べれず)、「芋っこアイス」という名物。芋アイスが出るのか・・・と思いきや、芋とアイスクリームが出てきて、少しずっこけました。
 ホカホカの熱い芋と、冷たいアイスのハーモニーが良いらしく、この店の名物とか。・・・うーん、こいつも変化球だな。

 で、結局、どれが勝負球だったか、解らなかった訳で、、なんだかなー、て感じのお店でした。
2007.04.14 Sat l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
春だ一番!喰らいモン祭り!Final!!

【お気に度数】★★★☆ 3.5p
サンプーペ


 うちの会社の食堂に、とあるイタリアン料理店が出店してます。
 昔は、ピザに、パスタに、グラタンからドリアに至るまで数多くの洋食が振舞われ、なんとソフトドリンク飲み放題の大判振る舞いだった時代もあったのですが。。。
 オーブンが壊れて今は、パスタは何とか生き残っていますが、数ヶ月に一度のレアメニューとなったピザと、フライものが続くセット料理とバリエーションが薄くなり、ここにもコスト削減の嵐が。。。

 そんな、馴染みの食堂のイメージを抱えながら、今回お邪魔したのは、奈良は大和郡山にある街のイタリア料理店「サンプーペ」。
 およそ、こんなローカルな裏話など知るはずないでしょうが、うちらの世界では「ひろし」と呼ばれる名物店主が居ます。シェフとしての腕前は確からしいながら、何処となく誇張した感じ。店は最近改装したんですよ、と、何やらいぶかしげな感じで食堂を切盛りする様子から、凡そイメージすら湧かず、、、行ってみるのでした。
店の概観

 近鉄郡山駅から、JRに向かって細い路地を歩む。
 住宅街、やけに交通量の多いところをすり抜けて、こんなところにイタリア料理店なぞあるのか・・・と、こりゃ度肝抜かされましたな。いつもの食堂とは違う、なんとも可愛らしい綺麗なお店じゃあーりませんか。もともと郡山にある名物の料理店。しかし「ひろし」拘りのお店とあって、きちんと執事もいて、テーブルメイキングもバッチリ。しかし高飛車な料理店ではなく、子供達も楽しめるよう、土曜日の夜には「マジックショー」も開催される、気さくなレストランでござい。

二台の本格石釜オーブン

 この店の特徴は、何と言っても、客席から見える二台のレンガ造りの石釜オーブン。そこに娘さんと二人で腕を振るい、ピザ生地を廻しています。客と厨房が隔たりなく素通しであることもいい感じ。石釜は本格的で、そこでピザを焼いたり、肉をソテーしたり。

パスタ

マルゲリータ

 特に、ここではコースは選ばず、ピザ数種類とパスタを注文。
 お店の雰囲気はかなり良かったので、料理の方も・・・と行きたかったのですが、ピザが事の外クリスピーな感じでないのが残念。ピザは薄焼きであるので、サクっとした食感が楽しめませんが、まずまずの美味しさ。パスタも良いです。店内の雰囲気が良いので、料理にもうひとつのアクセントがあれば、★は伸びそう。

 この料理が、370円の昼食に出たら。。
 毎日の仕事が楽しくなるかな。
 今は、連日土曜日出勤の、耐久レースの真っ只中。
2007.04.08 Sun l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
春だ一番!喰らいモン祭り!第三弾!!

【お気に度数】★★★ 3.0p

七福亭


 地下鉄扇町降りてスグ。
 不祥事で揺らぐ関西テレビのすぐ近くにある麺処「七福亭」。

 ここは、大阪特有のもっちりとした麺に、サクサクの天ぷらがついて、天ぷらうどん(または、天ぷら定食)で話題のお店です。

釜あげうどん


 店内はカウンターと、テーブル席のこじんまりとしたお店。
 店奥にある二つの大きな釜より、勢いよく蒸気はあがり、そこに潜らせておいた、讃岐うどんよりは腰はないけれど、もちもちした大阪の艶やかなうどんが潜っています。

 ここの天ぷらは、「花」が咲きます。
 あまり揚げ方のよくない天ぷらは、衣のつき方が均一でなく、衣が多くなるとべったり食感は損なわれ、逆に少ないとサクサク感が楽しめず。しかし、ここはうまく揚がっていて、均一にムラなくついた衣がビューティフォー。下のうどんの写真で見ての通り、食べてサクサクとした感触は楽しめます。

天カレー


 さて、ここでは名物「天カレー」なるものを堪能。
 天カレー・・・何ゾと思えば、なんと、天ぷらカレーうどんのこと。
 これは相当こってりお腹に来ます。

 まあ、カツカレーも、カレーに油で揚げた豚カツ。そして、タンパク源のお米の組み合わせで食べているものだとしたら、それはボリューム的にはそんなもんだろう、という感じでしょうかね。
 カレーうどん自体の味の程は、並的な感じ。しかし海老フライはなかなかいけます。トータルとして、カレーはなくとも、天ぷらうどんとして食べても良し。うどんはなくても、天ぷらとご飯の定食として、ポイントは高いです。

 日本一長い天神橋筋商店街より、地下鉄扇町駅に向かう筋を外れた場所にあります。うどん、天ぷら、貴方はDotch??
2007.04.06 Fri l 【たべもの】麺の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。