上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
[Report #002] クレープリー・アルション
★☆☆ (1つ星)

クレープリー・アルション


 難波、千日前。法善寺横町より少し南に下った路地に、一際目立つ洋館発見。
 女性客ばかりが寒空の中、列になって並んでますは、クレープリー・アルションです。

 その名の通り、クレープ屋さんで、店内に入らずとも買うことは出来ますが、やはり、クレープのコースを頂くということで。
 お店は、地下と二階にあり、手狭ながら、テーブルが五卓ほど並んでいます。それ程キャパはないので、お店の外に長蛇の列が生まれるのか。。
 週末は既に昼前には、全て満席状態となる人気店で、クリスマックスには、既に予約も埋まってそうな勢いです。男性にはその魅力はどの程度理解できるか、あまり分かりませんが、女性には圧倒的な支持がある店で、ここを予約されし男性諸君は、女性に、
「わあ♪、なんて気がきくのかしら」
と、ポイントを上げてくれそうな感じがします。

 個人的、クレープは大好物なので、勿論、この店にも入ったり。

ガレット(そば粉のクレープ)


 こちらは、ガレットというそば粉を使ったクレープ。
 アルション・ランチてのを頼むと、ガレットと、そしてデザートクレープの、二種類のクレープ三昧が楽しめます。

デザートクレープ


 ブルーブリーソースの甘酸っぱそうな、クレープを注文。
 かぶりついて食べるではなく、フォークとナイフを使って、めしあがれ。
 中々、長居は出来ない店なれど、多分、女性を誘っても、殆ど直球勝負してストライク的な、いい感じのお店とお見受けします。

[今日のおさらい]
 法善寺横丁、南に下ったクレープ専門店。
 洋館チックな独特の建物。
 アルション・ランチで、クレープ三昧。
 週末は、昼前に既に、長蛇の列。
 女性の指示率が高い。
スポンサーサイト
2007.12.20 Thu l 【たべもの】カレーなる美食 l COM(2) TB(0) l top ▲
 どうも!、二ヶ月ぶりご無沙汰「のりっく」です。

 相棒のうさぎがお亡くなりになり、喪中でしたが、突然のブログ休止には訳が。
とにかく忙しい!!のと、フレンチの成果発表でバタバタしつつ、
遂には、ブログを全面リニューアルしようと、思い立ち・・・今に至るわけで。。

 結局、そんな余力もなく、小刻みなリニューアルと相成りました。
ご覧の通り、マジックのお話は一旦終了いたしました。マジックネタは沢山書くことはあるのですが、ご存知、秘密の花園の世界ですから、秘密は秘密で楽しんでおくのが一番と思い。マジックバーの様々なプロマジシャンの奇跡の指先で、フシギの世界をご堪能ください。

というわけで。。
「マジシャンNoric・・・」は、「大阪"のり"シュラン」と相成りました。

 コンセプトは、「ザッツ・食べ歩き」
意外に、皆さんから、美味い!、安い!、彼女と来れる!オススメないかー、なんて言われます。意外に美味い店って、知らないもんなんですよね。

 というわけで、「ミシュランガイド」ならぬ「ノリシュランガイド」の再開で御座います。

 さて、最近は何故か「ラーメン」マイブームに。
 特に新規店に通うことが多くなり、木枯らしも吹く、寒空、身も心も温かくなる店を暫く御紹介していこうと思うのです。

一蘭1

[#001 一蘭 道頓堀店」
★★☆(2つ星)

 九州にある有名ラーメン店、「一蘭」が数ヶ月前、道頓堀に生まれました。
 物凄い行列。ラーメン欲しさに並んでいるお客さん。
 実は、道頓堀界隈は、知られたラーメン激戦区なんですが、いきなり自分のラーメンお気にの第1位にいきなり躍り出ました。

一蘭2

 この店、様々なしかけが沢山。
 最も有名なしかけが、この「味集中システム」。ちなみに特許申請済。
 間仕切りされた、個々の空間の中で、隣としゃべるな、ひたすらラーメンを食えっ!というばかりに、黙々とラーメンをすする人達。確かに、店主の言うとおり、味は・・・集中するだけあって、中々響いてくるような?!!

一蘭3

 第2のしかけとして、詳細なオーダーシステム。麺は、超かため・かため・普通・柔らかめ・超柔らかめの5段階、秘伝だしの継ぎ足し量、ネギの種類、などなど、自分の好みにピタリとあったラーメンをオーダー出きるって寸法。
 更に、替え玉するとき、替え玉一丁と叫ぶのが恥ずかしい人には、親切設計チャルメラシステム。特性のプレートを台に置いたら、チャルメーラ♪と響いて、麺を追加してくれます。

一蘭4

 豚骨!、細めん!、そして・・・とにかくスープがバカうま。
 特に自分の好きな麺のかたさ、秘伝だしのカラさの量調節が微妙に出来、かかる最良の形態でおいしゅういただけるのです。

一蘭

 スープを一滴も残さず、飲み干した方にだけ、店主の言葉が器の底に。
 ちょっと、これには感動しましたね。久々にスープの美味い店に出会って、ほっこりとしたのでありました!!。

[場所のおさらい]
 千日前商店街出て、タコ焼きの露天商が並ぶ中を、心斎橋方面へ。
 道頓堀川を下るスロープを降りたスグのところにあります。
2007.12.16 Sun l 【たべもの】麺の美食 l COM(3) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。