上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 4.0p

ハンブルク


 正しいお店の名前は、「ハンブルク」です。
 子供の大好物であるハンバーグは、もともと、ドイツのハンブルク地方の名前が語源になっているのですが(綴りもハンバーグと読めます)、このお店は、ハンバーグも勿論出ますが、ドイツの家庭料理を中心に出してくれるドイツ郷土料理のお店です。

 そして、なんと、たまたま食べに行った時に、日本女子バレーボールチームの柳本監督と遭遇!!。ここは、柳本監督の御気に店のようで、よく日本女子バレーボールチームを引き連れ来店しているそうです。

地ビールをそぞく。


 ドイツのご当地ビール(名前忘れました)を注文。
 酵母が普通のビールよりも濃いらしく、注ぎ方次第では、味が変わってしまうと注文を受けて、私も挑戦。
 胴長のグラスを片手で持ち、慎重かつ大胆にビールを泡立たせずに注ぎ込み、そして、残りのビールを入れる前で一旦グラスをテーブルの上に置き、ビンの中に残ったビールを掻き混ぜ、沈殿した酵母を混ぜてから、最後にビールをグラスに注ぐ。
 熟練しなくても、飲み会に参加したメンバー6名中5名は見事に注ぐことが出来た中、私だけがビールがビンの中に残ってしまい・・・泡だったのが原因ですが、店員から「それは失敗です、あきらめてください」とダメだしされてしまいました。

これが、注ぎ終わったビール


 地ビールは、少し濃く、しかしフルーティなまろやかな感じ。
 いつものビールとは違いますが、ドイツ料理ととても良く合います。特にこんな、ソーセージなんか。

ソーセージ


 料理は全体的にやや高め。
 家庭料理が主ですが、ザワークラウト、ソーセージなど、代表的なものばかり注文。ドイツ料理とはいえ、日本人の口によく合うものばかり。友人のみる氏はドイツに惚れこんで、ドイツに憧れを言ってましたが、なんでも、日本人とドイツ人は性格的にも良く通ずるところがあるらしいです。。。ほんとかな。

シュトレン


 クリスマスということで、ドイツの伝統的なお菓子である、シュトレンを注文。シュトレンは保存食としても用いられているらしく、この時期に作り置きして、ドイツの寒冷な気候の中で保存し、春先まで食べられる国民的お菓子なんだとか。
 一見、バウンドケーキですが、結構パサついて堅いお菓子で、しかし割りと甘めの結構美味しいお菓子でした。

 ところで、お酒の席の場、ドイツ語をちょいと勉強した私が、ドイツ語で数字を言おうとして、イッヒ、ツヴァイ・・・その先が出てこなくなりました。でも、1と2だけは言えたと思って喜んでいたら、一人に「イッヒは、英語の「I」と同じで、アイネでは?」と指摘が。。
 つまり、1も間違っていて、2=ツヴァイしか合ってなかった。。

 残念っ!!
スポンサーサイト
2006.12.23 Sat l 【たべもの】洋の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/123-1d603746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。