上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

ドラえもん映画2007

 今年もドラのシーズンがやってきました。
 そして、今年は、「のび太のドラビアンナイト」以来、実に14年振りに映画館にて!ドラえもんを見てきました。「映画ドラえもんのび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い」(サブタイトル・ドラ映画史上最長)です。

 天王寺に寄った際、時間にゆとりがあったので映画でもと。
 で、先日のドラ映画が妙に気に入ってしまったので劇場版見に行きました。大人一人が、子供達にまみれて鑑賞。実に95%が家族連れで子供だらけ。流石に早く館内暗くなれと思いました。
 隣のぼっちゃんが「あたたかい目」で見ていたのが。。。。。

 さて、魔界大冒険は、ドラ映画では最も気に入っている作品で、のび太が魔法の世界に憧れて「もしもボックス」で魔法世界に作り変えてしまうという話から始まるところは、全てオリジナルと同一。
 今回女性監督が初登用ということもあり、意外なところで「家族愛」を見させられてしまう演出があります。冒頭、小惑星っぽい天体の接近でえらい騒ぎになる緊迫したシーンから入りますが。。この下りが後々に・・・何も発展しなかった(あまり本編と関係ナシ)のが肩透かし。
 ストーリーは、オリジナル版とほぼ一緒です。

 新ドラえもんの解釈が少し入っていますので、幾つか細かい点では演出が異なっていますが、今回も旧ドラえもんにない、ニヒルなドラえもんが堪能できます。しずかちゃんが妙に色っぽい。
 ストーリーは藤子・F・不二雄のしっかりした組立があり、オリジナルよりもやや雑な構成ではありますが、それを補うだけのまとまりがありました。

おまけ


 大人ながら、こんなの頂きました。
 少し走らせて、飾りとしました。
スポンサーサイト
2007.03.18 Sun l 【映画】レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/161-8f8e58b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。