上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★★(4.0P)
舞妓Haaan!!!


 クドカンこと、宮藤官九郎が脚本を卸した映画「舞妓Haaaan!!!」を見ました。
 既に、超インパクトあるタイトルに、主題歌は「グループ魂に柴咲コウが」というフザけたグループ名の曲と何かにつけて心残っていた映画で、特に面白いという話を聞きつけていってきたのでございますー。

 結論からして、これは面白い!!。
 「大日本人」で不完全燃焼の映画魂を見事蹴散らしてもらいました。
 どすえ。

 ストーリーは、もう初っ端からかなりブっとんでます。
 阿部サダヲの奇妙すぎる程の濃いキャラに、二枚目堤真一も、大女優?柴咲コウも、全て三流喜劇人と化して、京都を舞台にハチャメチャになっておりますえ。
 舞妓さんと「野球拳」がしたい!!!
 ただそれだけで、京都支社に転勤になって、一見さんお断りの御茶屋さんに入るために、カップラーメンを一千食売りさばいて社長にコネクション持って。。と、その後も、舞妓さんと「遊ぶ」ために、最早人間技ではない行動力と実力でサダヲは成長していく。。

 この作品、ちゃんと、最後はオチもあります。
 それなりにですが、少しホロリとさせるような人間ドラマも伏線としてありますが、基本はおバカムービー。120分随所に笑わせ、映画館であれだけ笑いが起こったのも珍しかー。

 梅雨のじめじめ、鬱陶しい季節を、こんなおバカなムービーでも見て、笑って、おバカよ集まれ!。

 「サタデーナイトにまた会おう」
スポンサーサイト
2007.06.24 Sun l 【映画】レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/195-719e5372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。