上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 Mr.Childrenのチケットは結局、オークションで落札しました。
 定価の5割増のゲットです。しかし、、オークションチケット横行してますねえ。電話やネットを数十回かけても一切繋がらないのには、こういった輩の画策があってのこと。
 結局、最後までオークションで競り合っていたのも、転売目的のオークショナー。ファンが泣きますな、ホント。。

キリシタンカフェ

 さて、今日は「食べ物」ではなく「食べ物屋をプロデュースする会社」の話。ここ最近、テーマ性のあるレストランやカフェを大阪の梅田を中心に次々と出店をしかける会社があります。それが「UG・宇都宮」社です。
 既に、ここのブログで、阪急ナビオ7Fのカレーレストラン「ブルーノ」を紹介しました。濃い青基調のお洒落なカレーレストランで、当店に相応しくない格好の方お断りの一風変わったところ。実はここも、この社のプロデュースです。
 そして、カフェレストランとして異彩を放つは、東通商店街の奥にある「キリシタンカフェ」。キリシタンの協会をカフェ風にアレンジしたコンセプトにて、内装がとにかくお洒落。そして、ムーディ・・・勝山。
 照明ひとつに拘るは、全てにおいて、カップルやコンパの場をプロデュースするようなこの社の「戦略」がよく見えます。
ポテトフライ

 意外に、「落ち着いて話せる場所」が少ない梅田。
 特に東側一帯は、夜ともなれば人混みに溢れ、活気に溢れ。
 歓楽街の騒がしい感じが、一層落ち着きをなくします。
 そんな中「個性ある個室」を中心に、あえてそういう場所をプロデュースしようとする社のコンセプトには賛同。

「京の町に恋おりる」
「恋のしずく」
「だいぶつころころ」
「あほぼん寺」
「りゅうぼん」

 全て、社のプロデュースのお店。
 不覚にも、そういった居心地よろしい店に、足しげく通い詰めてしまう我々で御座いますが、作戦にはまっておりまする。
 ちなみに、料理は意外と美味しいながら、他のバーレストランに比べてかなりリーズナブル。店員も店側のコンセプトに合わせて、サービスも行き届いていて、割と安心して行く事が出来ると思います。
スポンサーサイト
2007.07.08 Sun l 【たべもの】カフェなる美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/201-e1fe046d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。