上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 今週は特に仕事が大変で、というか、うちのメンバーだけが唯一連日の激務でヘトヘトになるまで深夜残業の嵐です。中々、プログラマ稼業というのも、楽ではありませぬなあ。

 そんな中で、マジックについて新たな発見をすることも、ここ暫くはなく、プログでマジックの事細かを書くこともあまり建設的でもないなあ・・・てことで、お休み状態が続いていますが、ここへ来て、映画への熱が再燃しております。
 というのも、今年の夏の映画は豊作揃い。
 昨年は「ゲド戦記」の自分的ハズレに打たれて、夏の映画を一切見ることもなかったのですが、今年はどっこい、感動作あり、迫力の映画があり、前2作見た映画も連続して良かったので、次も期待しちゃいました。

トランスフォーマー

【お気に入り度】★★★★☆(4.5P)

 マイケル・ベイ監督と、スピルバーグ監督のコラボレーションで生まれた超大作「トランスフォーマー」が封切られ、今日も超満員でした、映画館は。
 昔、タカラから売り出された日本製の玩具がモデルで、地球侵略を目論む金属生命体と、人類を守ろうとする金属生命体のプロットも同じ。昔、トランスフォーマーのアニメも玩具も持っていましたから、懐かしいところこの上なしです。

 金属生命体が地球を侵略する・・・のは「宇宙戦争」も同じ。
 ただあれは、無残に人間を殺戮するだけの残虐非道極まりないエイリアン相手に、当時一緒に見に行った友人が気分を害しました。
 しかし今回の「トランスフォーマー」は、前回の反省?が踏まえられているのか、ちゃあんと正義と悪の戦いの中、きちんと人間の活躍も際立っています。他のレビューではストーリーが安っぽいとか書かれていたりしますが、返って、すんなり迫力ある世界に溶け込むことが出来ました。

 凄いのは、車や飛行機から次々と華麗に変身するロボット達。映画中何十回と変身しますが、そのスピード感と迫力はちょっとやそっとの映画じゃあ味わったことないですねえ。前回の「宇宙戦争」で、地中から這い出した巨大なエイリアンが、人々を殺戮し、街を一瞬に灰と化すシーンは恐怖さえ感じましたが、今回は、ラストのバトルが特に迫力あるどちらかというと血湧き肉踊るような激しい展開に。ILMの特撮技術がまた進化を遂げて、ロボット達の戦闘の真っ只中に立たされた気分です。

 最後は、ちょっとやそっとのもやっと感はすっきり解消てことで。

 今年のアクション映画は、
 ●ダイハード4.0
 ●トランスフォーマー
 で決まりですねえ!!
スポンサーサイト
2007.08.05 Sun l 【映画】レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/207-f9b95c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。