上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
大塔・星のくに

 奈良、五條から十津川へ向かう国道沿、大体50分くらいで、大塔村の道の駅に出ます。
 意外に知られていないのですが、この道の駅のすぐ上が、「大塔村・星のくに」という宿泊施設になっているのでございます。

 その名の通り、ここは南紀で珍しく天体観測施設が整った場所で、大塔村の尾根沿いの拓けた高台に、ロッジと温泉、それから、バンガロー、天文台、プラネタリウムがあります。

望遠鏡付バンガロー

 口径の大きな望遠鏡付のバンガローが3棟。
 なんと、炊事施設、トイレもあり、8名収容可能で、バンガローの中に居ながらにして星を観測することが出来ます。残念ながら、こちらは予約できず。
主天文台

 こちらが主天文台。
 天気がよければ、施設の方が、この中にある巨大望遠鏡を使って、様々な肉眼では見えない、星雲、星団、惑星のありのままの姿を見せてもらえます。

バンガロー

 うちらは、こちらのバンガローに宿泊を。

カレーをつくりました。

 さて、ここの施設、何が嬉しいかというと、バンガローが1棟につき、15000円程(混雑時は18000円)と格安。割と綺麗な共同炊事場、バーベキュー場もあり、温泉もあります。つまり、ここで夕方バーベキューをし、お風呂に入って、満天の星空を楽しむ。なんとまあ、悦楽の境地てありますがな。
 共同炊事場で、カレーをこしらえました。

こんな場所で食べるカレーは

 こんな場所で食べるカレーは。。。バーモンドカレーとはいえ、いやはや格別。炊飯器も貸してもらえ、炊きたてのごはんでカレーを頂きました。こんなのもまた贅沢ですなー。

天気は持ちました。

 この日、南海上を低気圧が通過して、十津川では大雨だったそうです。ところが!。紀伊山地の山々が、そんな雲たちを全て塞き止めて、大塔は快晴。天気予報が「曇りのち雨」の予報を聞いて気落ちしていた自分を見事いい感じで裏切っていただけました。

 星を見るには、新月で、快晴で、空が澄み渡っている条件が揃わないと簡単に見ることが出来ません。つまり、結構レアな条件が重ならないと、普段都会に住んでいる我々が中々お目にかかれない星たち。8月半ばは、天気のいい日が続いて、この日、高確率で星を見ることが出来ました。
 更に!!。この日は、ペルセウス座流星群の最盛期。真夜中、ござを引いてゴロンと横になり、満天の星を眺めていると、左へ右へ、数分毎に落ちる流星に歓声か上りました。

明け方

 明け方まで天気は持って、ここは快晴。
 時より曇ったりしましたが、明け方まで天体観測は続いていたようで、大阪近郊で天の川が肉眼でも確認できる、なかなか楽しい遊び場で御座いました。

 なお、我々一向は、この後、超スリルなある場所へと行くことに。。
スポンサーサイト
2007.08.20 Mon l 【旅行記】のり旅行記 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/209-64bec29d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
数十万という恒星が密集している星団。年齢100億年以上の星々からなり、銀河形成の初期段階でできたものとされている。我々の銀河系の場合、全天に分布しているが、銀河中心のあるいて座の方向に多く見られる。・宇宙に光る銀河系こそ我々の象徴が永遠に輝いている・ほしの
2007.08.20 Mon l 天体がためになる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。