上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に入り度】★★★(3.0P)
巻物を取りに行く

 古畑任三郎です。
 天神橋筋六丁目(天六)に、忍者屋敷があるそうだ。
 そこで巻物を取りにいくそうな。
 古畑任三郎でした。

巻物

 「巻物」なるお店がありました。天六から歩いて10分程。意外に珍しい手巻き寿司(セルフ)専門店でした。
手巻きセット

 手巻きは食べ放題。
 オケに酢飯。具材はセルフオーダー式。
 手巻き用に小刻んだ刺身に玉子に、野菜類。
 まき方は自由。縦に横に巻いて口に頬張るは、ナツカシの手巻きパーティそのもので御座います。

手巻き

 手巻き寿司屋とは、これまたカジュアル。
 そんなに「仕事」のいらないシステマチックなお店。
 実は、難波にも梅田にも「手巻き屋」はあまりないんですよね。
 ちょっとした食べ放題屋には、子供の頃の手巻きパーティを思い出す、何処かよろしい感じで御座いましたなあ。

 古畑任三郎です。
 忍者屋敷は手巻き屋でした。
 風呂入ったら忍者風呂でした。
 ふろはいったらにんじゃぶろでした。
 ふろはたらにんじゃぶろでした。
 ふろはたにんじゃぶろうでした。
 ふるはたにんじゃぶろうでした。
 古畑任三郎でした。

 あー、ではまた。
スポンサーサイト
2007.09.02 Sun l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/213-585f8ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。