上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★ 3.0p

なか卯

 昨日、2年半ぶりに吉野家の牛丼が復活してましたね(一日だけ)。
 食べたかったのですが、食の品質に煩いうちの親に「絶対喰うな」と釘を刺され、長蛇の列でもあったので、そこまでして食べたくはないなと諦めておりました。

 牛丼と言えば、吉野家、すき家、松屋、なか卯とありますが、味的には「松屋」の牛丼が一番口に合います。しかしバランス的には、なか卯の方が勝ります。すき家の細切れの牛丼は好きになれませんねえ。

 「なか卯」は、牛丼に並んで親子丼も美味いし、うどん・そばのメニューがとかく充実しているのが良いです。吉野家はもともと牛丼一本だったせいか、サイドメニューのうどんがとってつけたような内容なんで食べたことがありません。

かまたま牛丼セット


 さて、「なか卯」のうどんメニューの中で、秋口から冬場にかけ、期間限定メニューで「釜たま」が登場しています。なか卯のうどんはややコシ有で、濃厚な若鶏の元気卵と、釜あげ用のつけだしをぶっかけ、柚子胡椒を薬味にしてくちゃくちゃにして食べます。

くちゃくちゃした後


 麺自体は「あつ」ですが、卵が濃厚なのか、だしが冷たいからなのか、他店の釜玉のように、麺に卵が絡みません。それを好とするか否かは人によって判断が分かれるのですが、自分は有りだと思っています。
 好みな味に近い為、この時期、なか卯に寄った時はほぼ100%かまたまを注文する有様なのです。

 ちなみに、「かまたま」のだしは、釜あげうどんなどの濃厚な「つけだし」に卵が合うのだろうと思います。「なかむら」のうどんのお土産で購入した「だし」は、実はうすくちしょうゆで、卵と絡まず、塩辛さだけが残ってしまいました。
 勿論、濃縮だしのため、入れすぎも辛くなるのですが、絶妙な配合でかまたまを上手につくれば、最強の麺になると思います。

 絶妙なだし加減は、各自ご研究ください!。
スポンサーサイト
2006.09.19 Tue l 【たべもの】麺の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/52-2e6dc9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。