上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

会津屋店舗

 大阪人のソウルフードと言えば、やっぱ「たこ焼き」でしょう。
 たこ焼きのルーツというか、たこ焼きの考案の元となった食べ物は、「明石焼」であるのが一般的な見解です。
 しかし、もともとは、ここ会津屋で、「ラヂオ焼き」という名前で、たこ焼きの「たこ」の代わりに、牛筋を入れた粉モノの食べ物だったみたいです。

兄さん「ヤキ」入れます


 今でも、会津屋に行けば当時の「ラヂオ焼き」を食べることが出来ますが、この店が明石焼をヒントに、「ラヂオ焼き」にタコを入れた食品を開発し、それが現在の「たこ焼き」となったとうことです。
 明石焼は、明治時代からあるらしいのですが、戦時中は卵の値段が高く、小麦粉で作る「たこ焼き」の方がリーズナブルだったため発展したそうです。ちなみに、元となった「ラヂオ」とは、文字通り「radio」から来ているみたいですが、当時としてはハイカラだったその名前を拝借したというのが有力な説とか。。。

 詳しいのを知りたい方、美味しんぼ77巻にこの店が登場します。

たこ焼き


 ここのたこ焼きは、ソースや青海苔を塗らない「元祖」味。
 そのまま食べるもよし。
 醤油、ソースをお好みで食べるもよし。
 昔ながらの素朴な味に出会えます。

ラヂオ焼き


 更に、「ラヂオ焼き」も注文。
 タコが入っていない分、物足りなさはあるものの、更に素朴な味。。
 全体的に小振り。焼き上がりはカリッとしていて、案外いけます。

 地下鉄四つ橋線「玉出」駅1番出口上がって、すぐ。
 通りの反対に、店が見えます。

 たこ焼きを食べつくすには、まず、ルーツを知るべし。
スポンサーサイト
2006.09.24 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

会津屋のたこやきは、梅田ソフマップ横にもあるので
僕もよく食べに行ってます。美味しいです。
10枚でたこ焼15個入りが無料になるチケットをくれます。
2006.09.25 Mon l ざっきー. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/57-a9386ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。