上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★★★ 5.0p(殿堂入り)

 どういうわけか、風邪をこじらせました。
 八月には腹をくだして、今度は喉。
 昨年に比べ、ハイペースな風邪の再発率。。。歳か?

 そんな病人Noricの癒しは、やっぱ「美食」。
 偶然にも、今夜紹介の店が、道頓堀で一番うまいと思った店です。

くくる看板


 道頓堀入ル、歌舞伎座の向かいにある「大タコ」の目立つ看板があるのが、「道頓堀くくる」です。たこやき激戦地道頓堀で、一番の人気店。味も個人的には、道頓堀界隈では一番好みです。

焼いてます


 店に入る前には、二人の若人が店舗よくたこ焼きを焼いています。
 ここで、隠し味なのか、ワインを投入。
 どんな味になるんろうと、長い間待って、ようやく店内へ。店内は割りと手狭。着席してから更に十五分程焼きに時間がかかるとのこと。焼きたてを出していただけるのに、しばし待つ。

くくるの明石焼


 まず、くくるの明石焼を。
 明石焼は、やはり、下駄のような板の上に、等間隔に並んだこのレイアウトがいいのよ!。そして、かつお風味が効いた出汁。たこ焼きのベースとなった明石焼を、出汁の中へディップ。
 ふんわりととろける食感が格別。そして、存在感ある大きなタコの食感がまた、よろし。

くくるのたこやき


 更に、くくるのたこ焼きをチョイス。
 これが、かなり美味い。
 まず、甘辛ソースに、マヨ、鰹節、青海苔のオーソドックスなたこ焼きに仕上げ、頬張る。いやあ、表現はムズイですが、まずは正統派たこ焼きとしてうまいです。大タコの食感もよし。走攻守きっちり決まった8 of the たこやきーず。

 びっくりたこやき


 メニューには、「ロシアンルーレット焼」なるものを発見。
 8つのうち、どれかは「わさび」漬けのたこやきが入ってます。
 グループで楽しむにはいいアイテム。まさに、大阪人遊び心を擽るメニューでござりますわね。

 今週は、道頓堀のたこ焼きは、あと、2店舗紹介します。

 ところで、今日は、客先の送別会に出席予定でしたが、
 ご覧の有様で今日はキャンセル。
 M氏、竹千代殿、お勤めご苦労でござった。
 次なる職場での活躍を、小袖で見守るでおじゃるよ。
スポンサーサイト
2006.09.25 Mon l 【たべもの】★★★★★の店 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/58-6aff4bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。