上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p


 ・・・ではありません。
 「キムタク」のバッタモノでもありません。
 キム兄の新たなる店でもないです。

キムカツ大阪松竹座店


 道頓堀・大阪松竹座の地下に、東京では有名店らしい、「キムカツ」というとんかつ屋さんがありました。
 松竹座の地下を行くまでは殺風景ですが、この店の暖簾をくぐると、シックでお洒落な、「らしくない」とんかつ屋さんでした。店内はほぼ満員で、カップル連れ多しっ。ここは、デートでちょっとがっつりとんかつを喰いてえなという時には重宝しそう(?)


肉ミルフィーユ


 ここのとんかつは、「しぐれかつ」とか呼ばれるもので、豚肉のうまいところを極薄切りにして幾重にも重ねて揚げた「ミルフィーユ」みたいな食感のとんかつです。

中はさくさく


 食べると、中はサクサク。
 とんかつは、がっつり歯ごたえがあるというイメージですが、もともと分離された薄い肉スライスが幾重にも重なった形状のため、歯ごたえはないものの、また違った食感が楽しいものです。うまみの一番乗ったところを重点的にスライスしているらしく、味は意外と濃厚。
 でも、もうひとつパンチが欲しい・・・というか、やはり「らしくない」とんかつなので、男浪漫漂う「ザッツ★とんかつ」はがっつりと、肉厚肉汁ぶしゃー歯ごたえ抜群という、存在であるべきかと(笑)。
 ここは「松竹座」。女形の「とんかつ」ですな。いっつ、まいるど。

おひつごはん


 注文を受けてから炊く、おひつごはんは絶品。
 香の物、お味噌汁ついて450円なり。二人なら三種盛りを頼んで、一人約2400円也、かわりもの「かつ」に出会うもよろしかと。

「キムカツ」のサイト
http://www.kimukatsu.com/index.html
スポンサーサイト
2006.10.04 Wed l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/63-a1e963c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。