上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

法善寺横町


 数年前に法善寺横丁で火災が発生し、その大半が焼失してしまったのですが、再建され、新しいながら風情が漂う法善寺横丁が戻ってきました。
 法善寺横丁と言えば、千日前から入る、道頓堀筋と平行に沿う路地ですが、ここには老舗の料亭から、だるまや風風亭などの人気の料理店が軒を連ねる、少し値が張る料理屋筋でもあります。

「喝鈍」店先


 そんな中で、リーズナブルにうまい「かつどん」が食える店を発見。その名も「喝鈍」。麻で出来た「かつどん」という旗が目印。店内は、カウンターのみの比較的狭いながら、いつも席は客で埋まっているのです。

かつどんうまし


 カツ丼と言えば、どんぶり鉢に、「かつとじ」とソースたっぷりかかったボリューム満点のものを想像しますが、ここは、「かつとじ」とご飯が別になっています。つまり、ごはんに「かつとじ」を乗せる前の状態で提供されるのです。一口食べると、ジューシーなカツと、出汁がまたよろし。少し濃い目ながら、きれいな油を使っているのか胃もたれしません。
 「カツ丼」としては、そこそこ美味しい部類。あまり美味いカツ丼というか、ソースかつ丼派なため、なかなかシビアな評定になってしまいますが、法善寺横町で庶民感覚で頂くことが出来る、唯一無二なお店なのでございます。
スポンサーサイト
2006.10.11 Wed l 【たべもの】和の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/69-ff8c3afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。