上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★☆ 3.5p

 まず、本題に入る前にこの写真。

映画のモデルとなった写真


 太平洋戦火にあった最中、日米合わせて五万人の死者を出した激戦地硫黄島で、硫黄島の擂鉢状の山の山頂に、米国兵士達が星条旗を立てた瞬間を撮影したもので、後にピューリッツアー賞にも輝いた写真。
 この写真がアメリカの大衆紙に飾られると、アメリカでも戦争の機運が高まり、一気に日本が敗戦に辿るまさにターニングポイントとなった史実をクリント・イーストウッドが描いた映画が、先日公開された「父親たちの星条旗」です。

 父親たちの星条旗


 しかし、この写真には「裏」があり、強引に戦利の「象徴」を創り上げ、戦争の機運を高めるため、国が、軍部が情報操作していたダークな史実を、当時実際に星条旗を掲げた兵士の視点より描き、更に、映画では克明に当時の様子を元兵士達の証言より構築されています。

 さて、この映画を見た私は、まず内容はともかく、前半、リアルすぎる程の銃撃戦と攻防にスクリーンを直視していると、かなり酔ってしまい、後半の検証というか、証言をもとにした回想のシーンは、殆ど記憶にありません。。ところどころ気を失ってましたし。
 しかし、国の官僚がどういう企みがあろうと、思惑があろうと、この映画ではただただ戦争に振り回され、死んだ哀れな兵士の様子が印象的です。哀れな戦争であったことを、坦々とリアルに描き切った作品であると思います。

 さて、まもなく、この映画の続編というか、今度は日本国軍の視点から硫黄島の激戦を描いた「硫黄島からの手紙」が封切られます。あの戦争シーンだけは、どうも酔ってしまうので、今度はDVDでゆっくり見ようかと。
 この二作を立て続けに見て、戦争の悲惨さを考えるのも良いかと思います。

 ところで、どこかの国では、核を口実に、ギリギリ脅し戦略をしとりますが・・・この悲惨さを国民は知る由もないのでしょうな。
スポンサーサイト
2006.11.04 Sat l 【映画】レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/89-9c8f15f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。