上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★★ 4.0p

 天王寺は何処より早く、クリスマス仕様になっております。
近鉄百貨店


 東口のクリスマスツリーも高々と。
ツリー


 近鉄百貨店裏手のHOOPも、ルミナリエ張りの見事なイルミ!
 HOOPのイルミ


 いよいよクリスマスまで後、一ヶ月と少しとなりましたが、今年がいよいよ「休み」+「イブ」が重なるラストチャンス。来年からはまた平日になるため、恋多き紳士淑女少年少女の皆さんは、その日を過す大切な人をゲットしてくださいな。

 というわけで、今日は心持ち気分を盛り上げてみようと、映画「7月24日通りのクリスマス」を観てきました。
7月24日通りのクリスマス


 大沢たかお、中谷美紀主演のラブコメディ。
 漫画の主人公に恋焦がれる如何にも真面目でオタクっぽい女性が、憧れの先輩の心を射止めようと奮闘し、綺麗になっていく。「電車男」の監督&脚本のコンビが、女性版「電車」を描き変えたような感じ。リスボンにある通りと、長崎の異国情緒溢れる風景をダブらせて展開するストーリーも良い。

 まず、何より、ストレスなく、何のヒネリもなく、直球勝負の純愛ラブコメです。「ただ、君を愛してる」などこの秋は、ラブコメ、ラブストーリーの豊作。頭をからっぽにして、何の先入観なく、突っ込みもなく映画に入って、ただただ素直なラブコメを見るのは、心もあったかくなれます。勿論、突っ込みどころ満載、演者も、ん??てところは多々あれど、まあ、そんな小さいところはほっておいて、素直に感動して、クリスマスの気分を高めようじゃ、あーりませんか。

 来週は、「ただ、君を愛してる」のレビューをします。
スポンサーサイト
2006.11.12 Sun l 【映画】レビュー l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://norical.blog65.fc2.com/tb.php/98-615d968e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。