上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
【お気に度数】★★★★☆ 4.5p

たこやきくん

 以前、なんば花月横のうまい塩らーめんを友人の紹介から、ブログで紹介したのですが、実はその直ぐ隣のたこやき屋さんも、お気にの店です。その名も「たこやきくん

 大阪のソールフード「たこやき」はここ道頓堀、千日前界隈には多数ひしめき合っているのですが、ここのたこ焼が個人的に好きな理由として、「てんかす」の食感がたまらないのです。他の店よりたっぷりめに入ったてんかすが、サクサク感を生んでくれますし、ダシの加減、焼加減は絶妙。

 ここは、大阪でも珍しい「セルフたこやき」店。
 まず、たこやきを受け取ります。
たこやきくん前

 次に、細い奥の店内で、お好みで、ソース、マヨ、かつおぶし、青海苔等をぶっかけます。
おこのみでどうぞ

 そして、できあがり

たこやきくん後♪


 てんかすのサクサク感が残っている熱いうちに頂きます。
 何個でもいただけますよ。きっと。
 
 NHKに一度紹介されたらしく、店の宣伝にかなり使い倒していますが、そこは大阪人のご愛嬌。そういえば、去年大阪でフィギュアの大会があったとき、お忍びで、織田君とミキティがこのたこやき屋に入るところ「せやねん」のスクープで紹介していたなあ。。

 このお店の詳細は、
http://www.takoyakikun.co.jp/
で、どうぞ。
2006.09.18 Mon l 【たべもの】粉の美食 l COM(0) TB(0) l top ▲
たこ焼き やまちゃん

 大阪はラヂオ焼きで始まったたこ焼きですが、今では、道頓堀付近にたこ焼きのうまいもの屋が軒を連ね、激戦区となっています。
 しかし、天王寺の路地を入ったところに一軒、有名なたこ焼き屋を発見しました。たこ焼き やまちゃんです。ここのたこ焼きの生地には、4時間程煮込んだ特製のスープが入っていて、ベスト(ソースも、マヨネーズもつけない)で食べるのが「通」。6コ240円から受け付けていて、近鉄百貨店横の路地の片隅で食べるのがちとばかしの「名物」になっています。
たこやき(ベスト)


店名:たこ焼き やまちゃん(本店)
住所:大阪市阿倍野区阿倍野1-2-34
電話:06-6622-5307
営業時間:
平日/11:00~23:00
日祝/11:00~22:00 (第3木曜日 定休)
アクセス:
近鉄百貨店裏、あべのFOOP隣。路地沿いに有り、人だかりが出来ているのですぐに見つかる。路地奥には2号店があり、そこでは座って食べることも出来る。
たこ焼き やまちゃんマップ

2006.05.07 Sun l 【たべもの】粉の美食 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。